紅白歌合戦2015の口パク疑惑を検証!嵐やAKBが怪しい?

紅白歌合戦口パク疑惑

 

年末番組と言えば?

日本国民なら全員が答えるであろう、「紅白歌合戦」。

2015年で第66回目の開催となる紅白歌合戦ですが、大御所の歌手から若手の人気なアイドルまで出現する「歌」の祭典です。

紅白歌合戦はリアルタイムで放送される”生放送”なので、小さいミスがあってもおかしくはありません。

しかし、紅白歌合戦では口パクのアーティストが多いとの噂も!?

口パクであれば、音程をはずすこともなく、歌手からしてみれば不安要素はかなり減ってきます。

しかし、生声に魅力を感じている方も多いために「口パク=騙し」のような印象を受けてしまうことも否めません。

この記事では、2015年の紅白歌合戦で口パク疑惑があるアーティストをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

口パク疑惑があるアーティスト

2014年の紅白歌合戦で司会を務め、なおかつ白組のトリを飾った「嵐」ですが、口パクではないか?との疑惑が浮上しました。

著作権侵害の問題が騒がれている今、検証動画などは片っ端から削除されているためお見せでいないのが残念ですが・・・。

息の乱れなどが感じ取れず、まるで収録したCDのような歌声だった、との声が多数でした。

やはり生歌を期待していた嵐ファンからして見れば、口パクは悪という印象が強いようですね。

また、

紅白歌合戦に限った話ではないですが、ジャニーズ系のアーティストは常に口パク疑惑が付きまといます。

有名な口パクの話ですと・・・

Mステで山Pこと山下智久が「抱いてセニョリータ」を熱唱した時にアクシデントでマイクが倒れたにもかかわらず音声がみだれないという口パク確定の放送事故を繰り出したこともありましたね。

また、同じくMステでスマップの中居くんがマイクを落としても・・・これは口パクとはちょっと違うか。

少し紅白から話が脱線してしまいましたが、踊って歌うことが多い「アイドル系」のアーティストは口パク疑惑が浮上することが多いです。

紅白歌合戦は、年末のテレビを見る方が一番多く、視聴率が高いために絶対にミスが許されません。

音程を外して「下手な歌手だな・・・」なんて思われたらたまったもんではありませんからね!

 

紅白歌合戦の口パク疑惑があるアーティスト一覧

2015年紅白歌合戦には、今まで口パク疑惑があったアーティトが多数出演します。

  • AKB48
  • perfume
  • SEXY ZONE
  • 乃木坂46

2015年の紅白歌合戦で口パクの可能性があるアーティストは上記が有力でしょうか。

やはり踊りながら歌うアーティストが多いです。

また、口パクと言っても「メンバー限定で」というのもあるそうです。

歌唱力に不安が残る◯◯だけが、口パクで音声は録音のものを流しているということらしい。

スマップでいうとなか・・・おっと失礼しました。

また、完全に口パクではなく、”被し”という手法もあるんだとか。

完全に口パクではなく、前もって録音していた音声と、生歌をミックスさせるもの(?)らしい。

音楽業界の技術も発展し、うまいこと生の歌声よりも聴きやすい、うまく歌っているように見せるという生放送対策のもののようです。

どちらにせよ、完全な生歌を期待しているファンからすれば、完全に口パクだとするならばがっかりしてしてしまいます。

 

口パクの方が都合がいい?

口パクでアーティストに歌ってもらった方がトラブルを防げたり、尺もしっかりおさまるということで口パクを容認している番組があったりするそうです。

また、踊りなどのパフォーマンスがメインになるアイドルなどは、歌よりもパフォーマンスに集中して欲しいって声もあるようで、ごもっともな感じもします。

しかし、

フジテレビの、きくち伸プロデューサーが”口パク禁止令”を出したことが一時期話題になりました。

当時「FNS歌謡祭」などを手がけ、フジテレビの番組は口パクが原則禁止という流れになっていたようなんですが、直後に左遷されてしまったようです。

口パク禁止と言った本人がいなくなったんだから、口パクは容認されることに・・・。

本当のところはどうかわかりませんが、黒い噂が後を絶ちません。

口パクは各アーティスト、テレビ曲ともに都合の良いことだらけなのかもしれませんね。

 

2015年の紅白歌合戦の口パクアーティスト

2015年の紅白歌合戦で口パク疑惑があるアーティストの検証については後日追記します。

 

まとめ

以上、紅白歌合戦2015の口パク疑惑があるアーティストのまとめでした。

おそらく、嵐やAKB48などのファン層が多いアーティストに関しては、2015年の紅白歌合戦での口パク疑惑は浮上すると思われます。

また、完全な口パクではなくとも、もしかしたら被しなどの手法を取り入れるかも・・・。

紅白歌合戦では、基本的に口パクOKという風潮もあるようなので、かなり怪しいのではないかと。

2015年の紅白歌合戦では、嵐、AKBを中心に口パクなのかどうかを検証をしてみたいと思います。

2015年の紅白歌合戦を見た方がいらっしゃいましたら、コメントより口パクだったと思う、生歌だったと思うなどのご意見をいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

6 Responses to “紅白歌合戦2015の口パク疑惑を検証!嵐やAKBが怪しい?”

  1. カラカラ15 より:

    嵐が口パク!?
    本当だったら泣いちゃうよー

  2. あすか より:

    嵐が口パクでないと思っている人がまだいるんですね・・・

  3. さかげん より:

    AKBは劇場公演等も含め、色々ですね。劇場の後方にミキサーが有るのですが、操作が忙しい時は生、腕組みしてる時は録音と言ったところですかね。
    ただ、マイクがオフになってるだけで、歌ってるぽいです。

    • ぱんだ1号 より:

      マイクオフなら口パクです。
      口パク=一切声を出していないって事とは違う
      あと被せとかマイクを絞りまくってるとか全部口パクだから
      一部生歌とか有り得ん、公言してるなら良いけどね

  4. ぱんだ1号 より:

    嵐が口パクじゃないと思ってる奴が居るのが不思議
    色々指摘は出来るけど、解り易いのはブレスが一切聞こえん
    有り得ない、akb口パク公然の秘密、akbのファンだって
    口パクでないと思てる人は相当少ない
    嵐のファンは違う、嵐は詐欺師

  5. 匿名 より:

    松田聖子を忘れてますよ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ