実は日本人しか食べないものや食材!外国人が驚く食べ物8選

 

食べ物の好き嫌いが少ない私ですが、テレビなどで見る虫の素揚げなんてのはさすがに無理ですし、日本人のだいたいが同じ反応でしょう。

しかしひょっとすれば外国からすれば虫よりも意外な、日本人だけしか食べない食べ物があるかもしれません。

そこで今回は日本人しか食べないもの、日本人しか食べない食材をご紹介。

スポンサーリンク

日本人だけが食べる意外な食べ物

 

有名どころで言えばタコでしょうか。

たしかにあんな異世界に住んでいるような見た目と動き、なんでも最初に食べた人は冒険心が有り余ってますね。

今回はもうちょっと有名じゃないやつを紹介していきましょう。

 

ごぼう

晩御飯から弁当のおかずまで幅広く活躍する食材ですが、独特の香りとえぐみが外国人にとっては受け入れがたいそうです。

日本へごぼうを輸出している国でさえごぼうを食べることは少ないため、日本人しか食べない食材というか、日本人だけのために作られる野菜みたいになってます。ちょっとかっこいいぞ。

このごぼうが引き起こした悲劇といえば、大東亜戦争中にアメリカ人の捕虜に対して、捕虜施設責任者が食事としてごぼうを食べさせたところ、戦後の裁判で「捕虜に木の根を食べさせた」と罪に問われてしまいました。

最近になって少しずつ、食物繊維が豊富で健康に良いということで外国で見直され始めていますが、日本人で言うところの青汁ポジションでしょう。

ちなみに「ごぼう」は「牛蒡」です。

 

海苔

「Oh!ジャパニーズスシ!ダイスキデース!でも海苔だけは勘弁な」

海苔は「日本人しか食べないもの」ではなく「日本人しか”食べられないもの”」です。

もっと詳しく言うと日本人だけが海苔を消化でき、外国人が海苔を食べてもそのまま排出されてしまいます。

日本人で言うところのとうもろこし食べたあとみたいな感じですかね。

原因は海苔を消化できる腸内バクテリアがいるのは日本人だけなので、これは日本人が古くから海草を一般的な食べ物としてきたことが理由じゃないかとされています。

生海苔も乾燥させた海苔もダメですが、唯一「焼き海苔」だけは外国人も消化できるそうなので、海苔を提供する際には注意しましょう。

 

白子

白子というと魚の精巣であり、外国人が受け入れてくれない理由もこれです。

まあでも日本人も牛や豚の睾丸なんかは罰ゲーム扱いですからおあいこというか、むしろ何で食べてんだよ日本人って感じですね。

ふぐの白子が高級品なのは日本人だけの発想で、外国からしたら「猛毒持ってる魚の精巣食べるのかよ」とドン引きです。

ただし、何も知らない外国人に食べさせた場合の評価は悪くないそうです。

 

卵かけご飯

日本人しか食べないものというよりも、なんで日本人そんなの食べるの?といった食べ物。

生食が諸外国ではあまり一般的ではないこと、サルモネラ菌が危険であることを除いても、「見た目がひどい」「卵は焼いたほうがおいしい」などなど手厳しい評価を受けています。

スポンサーリンク

馬刺し

肉の生食という文化自体も少なく、しかもそれが馬とくれば食べるのは日本人だけと言われています。

ただ外国人が受け入れがたい理由としては、味や臭いなどではなく「頭が良い動物を食べる」というのに抵抗があるそうです。

ここらへんはクジラとかイルカ…やめておきましょう。

 

マツタケ

たかがキノコ、されどキノコ。

国産ともなれば目玉が飛び出るほど高いマツタケですが、ありがたがるのは日本人だけだそうで。

「この匂いがたまりませんね」なんて褒められますが、外国人に嫌われる理由もずばりそれです。

マツタケの匂いは外国だと「軍人の靴下」「しばらくシャワーを浴びていない臭い」などなど、いうなれば「不潔な臭い」として受け取られるそうで、見事なまでに日本人しか食べない食材です。

ちなみに私もマツタケを食べたことがありますが、完璧に鼻が詰まっていたので匂いはあまり覚えていません。

 

イカの塩辛

日本人にしてみればご飯に合う、おつまみにもなると高評価。

しかし確かに慣れなければグロテスクな見た目と独特なにおい、そして名前の通りの塩辛さとぬめりのある食感で受けが悪いって全否定じゃないですか。

ちなみに私も苦手です。

 

納豆

もうキングオブキングスな食べ物出しちゃえ。

見た目、臭いともに外国人から受け悪し。というか日本人でも苦手な人が多いんだから、外国人に求めるのは酷ですね。

その臭いたるや「ドリアンよりはマシ」とギリギリな評価。

最近では和食ブームも手伝ってか若干見直されつつ(チャレンジされつつ?)あり、さらには粘り気のない納豆なんてのも開発されているそうです。

 

日本人しか食べないもの、日本人しか食べない食材まとめ

郷に入っては郷に従えなんていいますが、日本人しか食べないものを外国人に無理に食べさせてはいけません。

日本人だけが普通の食べ物を食べているわけじゃないんです。

みんな普通の食べ物を食べているんですが、見る人によって意外な食べ物に見えてしまうんですね。

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

3 Responses to “実は日本人しか食べないものや食材!外国人が驚く食べ物8選”

  1. めると より:

    日本人が海苔を食べられるのは古くから食べられてきたからだというのは間違いですよ、子供の頃から食べるからだそうです。後天的なものです。

  2. 磯子の石ちゃん より:

    コンニャク(蒟蒻)も外国人が食べられないものの一つですね。

  3. とある日本さん より:

    後はフグとか。あんこう鍋とかも、どうかな?
    日本しかたべられないものを集めて外人客のツアーに組んでみては?

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ