スーパークールビズとは?男性と女性の服装や靴の違いを紹介

 

スーパーマンやスーパーカーなど、既にある言葉の上に「スーパー」をつけると、一気にグレードが上がります。

地球温暖化や節電の影響で注目される「スーパークールビズ」もその一つですが、さてスーパークールビズとクールビズにはどんな違いがあるのか。

男性、女性の服装や靴の違いも一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

スーパークールビズとは

 

クールビズは、2005年から政府が呼びかけている「夏場でも室温は28℃設定で過ごそう」という活動で、それに伴って服装や靴も半袖シャツやスニーカーなどの軽装になります。

スーパークールビズはこれのグレードアップバージョンで、2012年から政府が理解と協力を呼びかけています。

 

クールビズとスーパークールビズの違い

クールビズとスーパークールビズの違いとは許可される服装や靴、そして実施期間です。

服装や靴は更に軽装に、実施期間はクールビズ内で設定されます。

 

スーパークールビズの実施期間

 

スーパークールビズの服装や靴がクールビズより軽装ということは、一番暑い期間がスーパークールビズの実施期間となります。

2016年の環境省のクールビズ実施想定期間は5月1日から10月31日まで。

スーパークールビズの期間は6月1日から9月30日までとなっています。

この期間はどちらもあくまで呼び掛けであり強制力は一切ありませんので、実施する企業によって期間は自由に定められます。

スポンサーリンク

スーパークールビズの服装・靴

 

クールビズでの服装と靴について、環境省は以下の服装と靴を可としています。

  • ノーネクタイ
  • ノージャケット
  • 半袖シャツ
  • チノパン
  • スニーカー

スーパークールビズの期間になるとクールビズの服装や靴に加え、以下の服装や靴も可とされます。

  • ポロシャツ
  • アロハシャツ

他に、例えば社外の人に会うことがないなどの状況に応じてTシャツ、ジーンズ、サンダルも可となる場合があります。

これらの服装や靴の規定についても強制力はありませんから、正しい服装や靴についてはお勤めの会社に確認をしてください。

私みたいに特に服装規定がない場合、クールビズもスーパークールビズも関係ないのが寂しいところですが。

 

スーパークールビズではどんな服装や靴を選ぶべきか

かなりの軽装が許されるスーパークールビズ。

無難なスーツを着ていたい反面、暑い中スーツは着たくありません。

変な服装をしてしまわないように、スーパークールビズでの服装や靴について男性と女性で見ていきましょう。

 

男性の服装・靴

スーパークールビズでも男性の服装の基本がスーツであるのは変わりません。

そのため服装というよりも、生地や通気性にこだわるのが良いでしょう。

最近ではクールビズ向け、スーパークールビズ向けのシャツやズボンも販売されています。

落ち着いた色の半袖シャツとチノパンなど、服装にビジネス感は残しておいたほうが良いでしょう。

社内作業の場合でしたらアロハシャツなどを着て、急な用事に備えて薄手のジャケットを一枚用意しておくと便利です。

また、靴については必要でなければ通気性の良いスニーカーを履き、OKであれば社内用にサンダルを一足用意しておきましょう。

 

女性の服装・靴

女性の場合は男性よりも服装の幅が広がりますが、ビジネスの場であることに変わりはないので、あまり崩れた服装はできません。

例えば露出の高い服装や、生地が透けているような服装はNGです。

逆にちょっと以外なのが靴。

サンダルと同じであるとしてミュールがOKな場合も多いです。

バナナがおやつに入るか入らないかの攻防戦に似ています。

靴や服装以外にも注目すべきは髪の毛で、特にロングヘアーの人は髪の毛を束ねるだけでもずいぶん涼しくなります。

要は髪の毛が壁になって通気を阻害してしまうので、髪を束ねたりアップスタイルにすることで通気性を良くしてあげてください。

 

スーパークールビズの服装や靴まとめ

クールビズの更に上をいくスーパークールビズ。

細かな違いはあれど暑い中で省エネしつつ快適に過ごしたい思いは変わりません。

男性も女性もTPOをわきまえた服装や靴を選んで、少しでも快適に夏を乗り切ってください。

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ