凍らせてしまった缶ビールは飲める?味の違いや品質についても調査

 

暑い日や仕事終わりに飲んだらとても美味しい缶ビール!

缶ビールにも色々種類があり、冷蔵庫に缶ビールをストックしていると思います。

しかし、缶ビールを冷蔵庫に放置して凍ってしまって飲めるの?っと疑問に感じることがありますよね!

そこで、凍ってしまった缶ビールは飲めるのか・味や品質について紹介します。

スポンサーリンク

缶ビールが凍ってしまう時間は


 

是非気をつけてほしいのが、缶ビールが凍ってしまう時間!

だいたいベストで冷えた缶ビールの時間は30分~1時間

それ以上になると缶ビールは凍ってしまいます。

体験談からいうと2時間~でシャーペットになっていました(笑)

冷たい状態で缶ビールを飲む場合は、飲む直前に常温から冷蔵庫で30分冷やす形にしたほうがいいです!

そうしたら、のどごしのある冷たい缶ビールに仕上がっていることでしょう。

 

凍った缶ビールは飲めるのか


 

凍ってしまった缶ビールを飲んでみると、結論として飲めたもんじゃないくらい不味いです。

味はすごく不味いですが、それを飲んでも品質的には問題ないので体に悪い影響を与えません。

なぜ美味しくないかというと、炭酸が抜けていて濃度も薄くなっているからです。

イメージとしては、炭酸が抜けきったコーラーみたいな・・・

凍った缶ビールを飲んでも美味しくないのでオススメしません。

 

 

凍ってしまった缶ビールの味の違いは


 

良く冷えた缶ビールと凍ってしまった缶ビールの味を比べてみると大きな味の違いを感じます。

一番飲んでみて感じることは、炭酸の量に問題・・・

凍った缶ビールの炭酸の量が少なくなり、ビ―ルそのものの味がなくなってしまったのです。

なぜ、凍ったビール缶から炭酸が抜けてしまうのか・・・

炭酸は温度が低くなるほど、溶けやすくなるから!

例を挙げてみますと、コーラーなどの炭酸飲料を氷の入ったコップに注ぐと炭酸が薄くなり味が良くないでしょう?

それと同じ原理なのです。

凍った缶ビールの味は本来のビールの味より劣ってしまう・・・

味の良い缶ビールを楽しむために冷やす時間には気をつけましょう!

 

凍った缶ビールの品質は大丈夫なのか


 

凍ったビールは飲めることを知ったけど、品質は大丈夫なのか?

品質に疑問を持つ人もたくさんいると思いますが、安心してください!

味は落ちてしまいますが、品質事態落ちていなので飲んでも問題ありません。

調べていると、たくさんの人が品質について疑問に持っていました。

品質は問題ないですが、味が良くないため捨てる人が多いみたいです!

もったいないという人は、味にこだわらず飲んでしまうか料理に使ったりいいかもしれませんね。

ただ、凍った缶ビールの品質は大丈夫なのですがかなり冷えているのでお腹を壊してしまいましすので注意してください!

スポンサーリンク

冷やした缶ビールの缶は変形する


 

冷蔵庫から取り出した缶ビールを見ると変形している所を見た経験をたくさんの人がしたと思います!

低い温度で冷やし続けると、缶の表面はどんどん膨らんでいく・・・

キンキンに冷た缶の炭酸ジュースの栓を開けるとジュースが飛び出してきたイメージ。

缶の表面が炭酸の膨張によって変形しているのです。

その他にも、膨張のせいでタブの部分からビールが漏れ出してしまうこともあるので注意しましょう!

冷蔵庫がビール臭くなって掃除も大変(笑)

もはや、こうなってしまうと品質も味も落ちてしまいますので廃棄をオススメします。

 

まとめ

いかがだっでしょうか?

凍った缶ビールは飲んでも体には影響はないですが、すごく不味いというのが結論です!

ひんやりした缶ビールは美味しいですが、凍った缶ビールは不味いって意外ですよね(笑)

不味い以外にも、缶が変形してビールが漏れたりすることがあるので飲む直前に冷やすことをオススメします。

うっかりして缶ビールを放置してしまうときもあるかと思いますが、美味しい缶ビールを味わうために冷やす時間に配慮しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ