ソーセージとウインナーの違いは何?カロリーや味の比較を調査

 

ウインナーとソーセージ、違いは何でしょう。

味や調理方法、カロリーなどに違いがあるのでしょうか。

そもそもウインナーとソーセージの違いについて考えたことも、比較してみたこともないのが普通ですね。

味の違い?カロリーを比較?と思いますよね。

イメージから言うと、「ウインナーがすき」というより「ソーセージがすき」という方が、大人っぽい感じがしますが、その程度の違いしかピンときません。

ここで、改めて、ウインナーとソーセージの違いについて、味やカロリーについても比較してみましょう。

スポンサーリンク

ウインナーは正しくはウインナーソーセージ。

見出しにもあるように、ウインナーは正しくはウインナーソーセージ。

つまりはウインナーもソーセージ

「ソーセージ」は羊などの腸に、香辛料などの調味料で味付けしたひき肉を詰めて、加熱したものの総称です。

加熱方法は、燻製でもボイルでも、どんな加熱方法でもソーセージ。

例えば同じ材料を使ったソーセージであっても、燻製したものか、ボイルしたものかで比較すると、味にもカロリーにも違いがでますが、区別はしないようです。

牛肉、鶏肉、豚肉、合いびき肉など使う肉を変えて比較してみると、それぞれに香辛料にも違いもあれば、味やカロリーにも違いが出てきます。

でも、そんなことはソーセージであるか否かには関係してきません。

ひき肉を腸詰めにしたものを全部ひっくるめてソーセージと言い、ウインナーはソーセージの1つの形のものになります。

 

ウインナーはウィーン発祥の最もポピュラーなソーセージ

 

ソーセージの名称には、ヨーロッパの名称のものが多くあります。

ウインナーソーセージは”ウィーン風“のことで、オーストラリアのウィーンから、フランクフルトソーセージはドイツのフランクフルト、ボロニアソーセージはイタリアのボローニャから名前が付けられています。

でも、ウインナーの本場ウィーンでは、ウインナーの事をフランクフルトソーセージと呼ぶそうです。

どうして呼び名に違いが出るのかわかりませんが、面白いですね。

 

ソーセージの分類

ソーセージの分類の違いは太さです。

ボロニア>フランクフルト>ウインナーの順番の太さで分けられています。

味やカロリーで分けられているのではありません。

ソーセージの中身を詰める腸は、ボロニア牛・フランクフルト豚・ウインナー羊なので、もともとの腸の太さに違いがあるため、太さが変わってきています。

スポンサーリンク

太さの違い

現在は動物の腸ではなく、人工の皮(ケーシング)に詰めているのが一般的ですが、太さでその違いを比較すると、

  • ボロニアソーセージ:36ミリ以上
  • フランクフルトソーセージ:20~36ミリ
  • ウインナーソーセージ:20ミリ未満

に規定されています。

太さが違うので味は同じであっても、太さに比較してカロリーはアップしていきますが、それは分類とは関係ないようです。

 

赤いウインナーと魚肉ソーセージは日本発!

 

合成着色料のくっきりとした赤い色が特徴のタコさんウインナーにするような赤いウインナーや、魚肉ソーセージは実は日本発のソーセージ。

日本だけのオリジナルソーセージです。

良い材料が使えなかった昔に着色して発色の悪さをごまかしていたのがそもそもの始まりで、アニメの普及とともに、海外にも広まっているようです。

味そのものは、原材料が良くなればアップしてくるはずですが、昔と比較してもあまり味に違いはないようにも思えます。

カロリーについては、あの色で十分体に悪そうなので、ローカロリーになったとしても、健康的とは感じられないのではないでしょうか。

 

魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージは、大正時代に水産試験場で試作されたものが始まりだとか。

日本のオリジナルソーセージなので、もちろん味は日本人向け。

カロリーも肉と比較すると、魚を使っているのでローカロリーでヘルシー。

愛好家も多いソーセージです。

 

まとめ

ウインナーはウィーン風ソーセージのことで、太さが20ミリ以下のソーセージが当てはまります。

味やカロリーの違いで分類しているのではなく、名前は太さだけの比較で決まります。

中身に使うひき肉の材料も、どんな肉を使ったものでもソーセージ。

加熱方法が燻製だろうとボイルだろうと、違いがあってもやっぱりソーセージです。

タコさんウインナーの素で有名な赤いウインナーや、魚肉ソーセージは日本発のオリジナル商品です。

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)