お見舞い用の千羽鶴は首を折らないのはなぜ?注意点や色についても調査

友達が知り合いが入院してしまってみんなで千羽鶴を折ることになった。

けれど、普段あまり使うことがないことから、首は折らない方が良い?使ってはいけない色は?など疑問も多数ありますよね。

そこで今回は、お見舞い用の千羽鶴は首を折らない?色の注意点についても紹介していきます。

もらった人が、早くよくなるように是非願いを込めて作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

お見舞いの千羽鶴

千羽鶴は病気がよくなりますように、長生きができますようになどの思いを込めて作るものです。

思いがこもっていれば基本的にお見舞いの千羽鶴に決まりはありません。

でも、やっぱり病気が良くなるように、長生きできるようにせっかく思いを込めて作るのですから、素敵な千羽鶴を作りたいですよね。

 

お見舞いの千羽鶴は首を折ってはいけない?

お見舞いの千羽鶴は首を折ってはいけないと言われていますが、それはなぜでしょうか?

「日本折紙協会」やウィキペディアなどで少し調べてみました。

そもそも日本折紙協会では、

頭を折ると縁起が悪い?と聞かれることがございますが、まったくそんなことはございません。折らないと頭ができないので、折ってください。

 

と言うことで、頭を折るのではなく頭を作ると言うイメージ。

どちらが尾かわかるように、ぜひ頭を作ってくださいということでした。

ウィキペディアでも日本折紙協会と同様に、首を折って千羽鶴を作ってくださいと記載がありました。

また、頭を作らないと未完成と捉えらえ、千羽鶴が中途半端と捉えられてしまうことがあるそうです。

スポンサーリンク

なぜ首を折ってはいけないのか

日本折紙協会やウィキペディアでは、頭を折って作ってくださいと言われているのに、なぜ折ってはいけないと言う噂が広まっているのでしょうか。

それは、「首を折る」と言う表現が死を連想させたり、縁起がよくないと言われているからだそうです。

また下を向いた千羽鶴は縁起が悪いと理由もあるようでした。

 

結論

結論としては、心を込めて折ると言う意味では、どちらでもいいような気がします。

もしも、受け取る側や渡す側が気になるようであれば、頭を折らないでも良いですし、しっかりと一羽ずつ完成させると言う意味では折った方が良いと言うことになりました。

全てはどういう気持ちで千羽鶴を折るかと言うところにかかっているようですね。

また首を折る時に下向きはよくないので、直角に頭を作ると言う意見もありましたので、参考にしてみてください。

 

千羽鶴の色

千羽鶴で使ってはいけない色は基本的にはありません。

ですが、黒・赤・金・銀・白は使わない傾向にあります。

黒は綺麗なグラデーションにならない他、霊柩車や葬式をイメージさせることから、使う人はほとんどいません。

赤については、血などを連想させることから、あまりよくないと言われています。
(千羽鶴ようの折り紙には赤は入っています)

その他の色については、単純にグラデーションの関係で使わないことが多いようです。

このように、あまりよくないと言われている色でも、使ってはいけない色はありませんので、気持ちがたっぷり詰まった千羽鶴を折ってくださいね。

 

千羽鶴の正しい作り方

千羽鶴は千羽と言うこともあって、かなりかさばりますので、千羽ある場合は羽を広げないこと。

また、700なおる羽でも縁起がよく、千羽も700羽もどちらも膨らまさないでつなげるのが良いです。

紐は、切れない頑丈な糸を選んで結び、しっかりと最後は止めてくださいね。

 

まとめ

千羽鶴の首を折らないと言うのは、噂であって本当のところは折っても良いそうです。

ですが、「かさばる」や「不謹慎」と思う方はもちろん折らなくても良いので、受け取る人のことを考え折らない方が良いかどうか決めた方が良いですね。

また千羽鶴には使ってはいけない色はありませんが、基本的には暗すぎる色や黒などはグラーデーションが作りにくいことから、使わないことが多いようです。

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)