グッツとグッズの違い!発音はどっちが正しいかを調査

「好きなアーティストのグッズ買ったんだ!」「新しいグッツが発売されるみたいだよ」日常でよく耳にする言葉ですね。

このように「グッズ」と「グッツ」という言い方の違いがあるのですが、皆さんはどっちを使っていますか?

ネットなどに表記されている言葉の中にも”グッズ”と”グッツ”の両方が存在していますが、果たして違いは何なのでしょうか?

そして、どっちが正しいのでしょうか?

今回はこの「グッズ」と「グッツ」の違いや、どっちが正しいのかについて調査しましたので、ご覧ください!

スポンサーリンク

グッズとグッツ正しいのはどっち?

「グッズ」も「グッツ」も、どっちも指しているものは商品だったり、物であるのには違いはありません。

しかし!どっちが正しいのかと言うと、正解は「グッズ」が正しいのです!

もっと言えば、実は「グッツ」という言葉はそもそも存在しません。

では、なぜ存在しないはずの「グッツ」という言葉が使われてるのか…そして、なぜ「グッズ」が正解なのか!

その違いに関する真相は、以下をご覧ください。

 

”グッズ”が正しい理由!

グッズは、英語表記の「goods」を、日本語読みした言い方、もしくはカタカナ表記にした書き方なのです。

英語表記には、ご覧いただいている通り語尾に複数形の「s」が付いています。

複数形の「s」は「ズ」と言いますよね?

例を挙げると、

  • シューズ
  • ~レンジャーズ
  • シスターズ

など、あげればキリがないですがたくさんあります。

※単数形の語尾によっては「ス」と発音するものもあります。

要するに、「goods」はsがついており、複数形なのでカタカナ読みすると「グッズ」になるという事です!

 

グッツは間違いなのに、なぜ使われる?

実際に国語辞典などでグッツと調べてもらえれば分かると思いますが、辞書にもグッツという言葉は載っていません。

では、正しいグッズが英語表記の「goods」をカタカナ読みしたものなのであれば、グッツは一体何なのでしょうか?

それは、日本人特有の「静音化」という癖が原因なのです。

英語の発音に慣れない日本人は、今回の「グッズ」のような語尾に濁点がある場合に、その濁点を省略してしまう癖があるのです。

スポンサーリンク

日本人独特の癖「静音化」って?

グッツは「goods」の発音の語尾にある濁点を静音化したものだと説明しましたが、では静音化とは一体何なのでしょうか?

日本人は英語圏の人たちと舌の使い方が違います。

私たち日本人にとって促音(小さい「つ」)の後に来る濁点というのは発音しにくいもので、勝手に濁点を省略してしまうのです。

この、発音するときに濁点を省略することを、静音化と言います。

 

静音化されやすい単語

私たちの身の回りには、英語本来の発音とは違って静音化された単語が沢山あります。

  • 「ドッグ(犬)」がドック
  • 「ベッド」がベット
  • 「ドッジボール」がドッチボール

などなど。

この中に、あなたも静音化して発音している言葉があるのではないでしょうか?

これらはいわゆる日本語英語、ジャパニーズイングリッシュで、ネイティヴの人には通じないことが多いです。

「日本人は英語が不得意」と言われるのは、これが原因なのではないでしょうか?

 

グッズも発音的には正しいとは言えない?

先ほど「グッズ」と「グッツ」正しい発音はどっちかというと、グッズだという話をしましたね。

しかし、実は本当の発音的にはグッズも正しいとは言えません。

英語表記の「goods」を見て欲しいのですが、単語の「good」に複数形の「s」が付いていますよね?

「good」をカタカナ表記にするとグッド。

ですので、これを複数形にするのであれば、正しい発音は「グッヅ」なのです!

すなわち、ネイティヴの発音に1番近いのは、グッズではなくグッヅということになります。

ですが、文字にするときは「グッズ」でも問題ありません。

 

まとめ

さて、今回の調査内容をまとめると、

「グッズ」と「グッツ」のどっちにも意味には違いは無いけれど、発音の違いがある。

「グッツ」は「goods」の発音の語尾を静音化したもので、”グッツ”という言葉自体は存在しない。

このことから正しい発音はどっちかと言えば、”グッズ”になる!

ですが、ネイティヴに1番近い発音は、”グッヅ”なので、発音の正しい順番に並べると「グッヅ→グッズ→グッツ」になる。

しかし、文字にする場合はグッズでもグッヅでも、どっちでも問題は無いということでしたね!

確かにこうやってみると、やっぱり日本人は英語が苦手な様ですね・・・。

もし英語圏の人に「goods」という機会があれば、間違っても「グッツ」とは言わない様に気をつけましょうね!

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ