【就活生必見】面接でのメイク方法や最低限のマナーを紹介

 

今の時期、スーツを着た就活生をよく見かけますよね。

希望に満ちた表情の方。

就職活動に疲れきっている方。

様々な方がいらっしゃいますが、見ていて気になるのが”メイク”です。

たまに、

「今から面接に行くのにそれは・・・」

と思うことがあります。

就活での面接では、メイクが第一印象を決めるといっても過言ではありません!

しっかりと、就活用のメイク、面接用のメイクは抑えておきたいですね。

ということで、

この記事では、面接でのメイク方法や最低限のマナーを紹介したいと思います。

面接で失敗しないように、抑えるべきポイントを把握しておきましょう。

スポンサーリンク

面接を受ける時の「就活メイク」

就活の際、必ず伴ってくるのが面接です。

面接は企業にとって、あなたの第一印象にもなりますのできっちりとした格好で行きたいですよね。

その際のメイクはどのようにしたらいいのでしょうか?

高校や中学校(中には小学校…)では、メイクをするのは校則違反!というところが多いと思います。

なので、就活の面接時は、ノーメイクであることが正しいと思っている方も多いようです。

ですが、

社会では女性の方はメイクをすることは常識とされているんですね。

就活での面接を受ける際に、ノーメイクで行くのは非常識と言われることまであります。

面接を受ける前に、最低限の「就活メイク」をしっかりマスターしておきましょう。

 

最低限の就活メイク

普段メイクをしない方も、就活での面接の際は、最低限のメイクが必要になります。

就活メイクといっても、何か特別なメイク方法があるわけではなく、適度なメイクを心がければ問題ありません。

最低限のメイクをするなら・・・

目元はブラウン系のグラデーションが作れるシャドウを使い、メイクをします。

(基本的なことは、シャドウの箱にもポイントなどが載っているので参考に)

口元は少し色があるリップなどを使用すると、良いですね。

あくまで自然な唇を演出するというイメージ。

ヘアスタイルは前髪は眉毛が見える程度でまとめるとよいでしょう。

眉毛に前髪がかかってしまっては、暗いイメージを持たれることがあります。

こういったように、良い印象を持たれるようなメイクを心がければ、最低限のメイクマナーを満たしているといえます。

就活する上で、よく清潔感という言葉を耳にしますが、メイクは自然体が好印象とされています。

それでは、もう少し具体的に、掘り下げてみます。

 

就活メイクの方法をマスター

先ほど紹介した、最低限の就活メイクよりも、もう少しメイクにこだわるなら・・・

というところをもう少し考えてみます。

就活の際のメイクの方法は、世間一般で言う「ナチュラルメイク」と呼ばれるものと言って相違ありません。

派手すぎず、明るい印象が持てる印象があるメイクがよいでしょう。

スポンサーリンク

気をつける4つのポイント

1.綺麗な肌は好印象の鍵、ベースメイクでクマやくすみをカバーして

2.目元は、ふんわりとビューラーをして、細いアイラインでキリっとした目に

3.チークは健康的に見せるように、濃いピンクは使わず、自然で肌になじむゴールドパール入りのピーチを使えば◎

4.口元は、グロスだけだとだらしなく見えてしまうのでリップブラシで輪郭をとって口紅を塗り、上品な口元に

この4つのポイントを踏まえ、メイクをしてみることをおすすめします。

 

最低限のメイクマナーはこなしておこう

今までメイクをあまりしてこなかった方にとっては、いきなりメイクをするというのはハードルが高いかもしれません。

そういった時は・・・

 

専門家に聞くのが1番

友達や、身近な人に教えてもらうのも良いですが、ドラッグストアやデパートの化粧品コーナーでメイクを教わるという方法がおすすめです。

最低限とは言わず、好印象を与えるためのメイク方法を教えてくれるはずです。

実際に試させてもらったり、メイクの方法を教えてくれるところが大半なので、是非とも一度足を運んでみてはいかがでしょうか!

面接を受ける際の就活メイクを教えてください

こう言えば、喜んで教えてくれます。

(商品を買うように催促されることもありますが、欲しいもの以外は買わなくても良いですよ)

実際に、私が化粧品の販売をやっている時に、こういったお客さんが結構いました。

最低限のメイクマナーを知っておきたいという方は、プロにお願いするのが間違いないのではないかと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

就活というものは本当に人生を決めるといっても過言ではないものだと思います。

女性はメイクで決まってしまうこともありますので、きちんとした面接用の就活メイクをしたいですね。

面接での対応などの練習も必要ですが、まずは女性としてのスタートラインに立つところから。

ナチュラルなメイクをして、鏡をみてみてください。

きっと、誠実そうな顔つきになっていると思います。

メイクをするのは、女性社会人としての最低限のマナーということを忘れずに、是非とも面接官に良い印象を与ましょう!

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ