潮干狩りの服装と必要な持ち物一覧!100円ショップのおすすめも

 

スキーに行くならスキー板やスキーウェアが必要なように、潮干狩りに行くのであれば潮干狩りに適した服装や必要な持ち物があります。

潮干狩りを楽しむためにも必要な物、そして服装を確認しておきましょう。

100円ショップで買えるおすすめのグッズも紹介いたします。

スポンサーリンク

潮干狩りに必要な物一覧

 

熊手

これを忘れてしまったら潮干狩りを中止して泥遊びをするしかない、間違いなく必要な物です。

熊手は先が尖っているものと丸いものがあり、当然先が尖っているほうが掘りやすいのでおすすめです。

ところで潮干狩りは砂浜で行うのでビーチサンダルや裸足の方も多いです。

潮干狩りに必要な物である熊手は、一歩間違えば立派な凶器ですので、間違っても適当に放置しないようにしてください。

「俺はそんな持ち物がなくても素手で掘れるんだよ!」というたくましい方は女性に一定のファンも多いことでしょう。羨ましい。

 

バケツ

その場で貝を直接バリバリ食べないのであれば、入れ物として必要な物リストに加えておきましょう。

 

ザル

必須とまではいかなくとも、上記のバケツと組み合わせて使いたい持ち物です。

軽くて持ち運びしやすいザルに貝をまとめ、一定の量が溜まったら泥を洗ってバケツに移しましょう。

 

密封容器

バケツでも役割は果たせますが、できれば潮干狩り中の入れ物とは別に、持ち帰り用の密封容器を持って行きましょう。

もし近所に魚屋さんがあれば発泡スチロールのケースを譲ってもらい、隙間をガムテープで留めればプロ御用達の密封容器が完成します。

 

ビニール袋

家庭用のゴミ袋でOKです。

潮干狩り中に出たゴミを入れるのはもちろん、濡れた物を入れたり、上記の密封容器を包んだりと何かしら重宝します。

かさばるものでもないの、とりあえず持ち物には入れておきましょう。

 

保冷材

潮干狩りが出来る時期は既に暖かな気候です。

いきなり腐るということはないでしょうが、貝の鮮度を保つためにも保冷材は用意しておいたほうがいいです。

冷凍庫に余っている保冷材でも、氷水やペットボトルに水を入れて凍らせたものでもOKです。

 

タオル・手ぬぐい

汗を拭くのはもちろん、首に巻くことで日射病の予防にも使えます。

潮干狩り以外にもアウトドアであれば必要な持ち物ですね。

 

レインコート

潮干狩りに行くのだから濡れても良い服装のはずですが、濡らしたいわけではありません。

ちょっと気温が下がれば濡れた服では風邪を引いてしまうかもしれませんし、雨への対策として持ち物に入れておいてもいいです。

 

潮見表

潮干狩りはいつでもできるわけではなく、干潮時に行います。

その潮の満ち引きが載っているのが潮見表です。

潮干狩り場やそのサイトで潮干狩り可能な時間は説明されているはずですが、念のために持ち物に入れておくといいでしょう。

スポンサーリンク

潮干狩りに適した服装

 

帽子

潮干狩り場は砂浜、しかも通常であれば海水に浸っているところです。

そこには木陰など日光を遮るものがないため、日射病を防ぐためにも必要な物です。

ツバが広く、海風にもさらわれないものが望ましいので、アゴ紐がついている麦わら帽子が理想的でしょう。

 

長袖・長ズボン

帽子と同じくこちらも直射日光への対策、特に日焼け対策をしたい人には必須の服装となります。

ただしこちらは絶対にこの服装が望ましいかと言われると、YESとは言いづらい「推奨」程度に考えてください。

実際、私が小さいときに潮干狩りをしたときの服装は半袖・半ズボンでした。

 

サンダル

砂浜で海水に晒される場所にお気に入りの靴で行くのには勇気が入ります。

なので潮干狩り場に着いたらサンダルに履き替えましょう。

服装と言うよりも持ち物に近い感じですね。

石や貝の破片、他の潮干狩り客が放置した熊手などでの危険から身を守るために、裸足は極力避けたほうがいいでしょう。

また、小さいお子さんだとサンダルはなくしてしまう場合があります。

その場合は長靴も選択肢に加えてあげてください。

 

ゴム手袋

サンダルが足を守るためなら、こちらは手を守るために必要な物です。

さすがに熊手は無理ですが、石や貝の破片くらいであれば手を守れますし、爪に砂が入るのも防げます。

 

潮干狩りに使える100円ショップおすすめグッズ

 

数える程しか使っていないゴルフクラブはないでしょうか。

ちなみに私はミニ四駆のコースを買ったはいいものの、片付けるのがめんどくさくなり数回しか使いませんでした。

こういった道具だけを揃えて無駄な出費となるのは避けたいですね。

潮干狩りも年に何回もやるものではないですから、できればお安く道具を揃えたいのであれば100円ショップを活用しない手はありません。

潮干狩りに使える100円ショップのおすすめグッズをご紹介します。

 

園芸コーナーがおすすめ

100円ショップの園芸コーナーでは土いじり用の熊手やスコップが充実していておすすめです。

ただし、同じ熊手でも砂場用のおもちゃとして売られているプラスチック製の熊手はおすすめできません。

材質と先が丸いということもあって掘るのには適していないからです。

逆に安全性は非常に高いので、小さい子供に潮干狩り体験させるのには安心して渡せます。

 

消耗品を揃える

タオルは家に余っているでしょうが、必要な物や服装で紹介したビニール袋やゴム手袋、保冷材などの消耗品は100円ショップで揃えてしまいましょう。

よく100円ショップのものは耐久性が疑問視されますが、潮干狩りですから1日持てばOKです。

100円ショップならではのおすすめと言われると少ないですが、潮干狩りに必要な物はだいたい100円ショップで揃います。

大きめの密封容器と言うのが100円ショップでは難しいでしょうが、近所の魚屋さんで発泡スチロールのケースを譲ってもらえれば100円均一どころか0円均一です。

 

潮干狩りに必要な物、服装まとめ

掘って貝を採るだけと言われればその通りですが、いろいろと持ち物が必要な潮干狩り。

行ったはいいけど掘れない、掘ったはいいけど貝が持ち帰れないなどがないように、必要な物はチェックしましょう。

そして日陰がなく直射日光に晒される潮干狩り場では日射病に注意し、適した服装をこころがけましょう。

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ