コーヒーの飲み過ぎで吐き気・気持ち悪くなった時の対処法は?

 

眠気覚ましに効果的と言われるコーヒー。

勉強や、資料作り、眠たいとか言ってられない時に、

眠気覚ましにコーヒーでも飲むか・・・

そう思って普段飲み慣れないコーヒーを飲み過ぎたら、

  • 吐き気がする
  • 気持ち悪くなった

そんな症状に見舞われてしまった。

そんな時のために、コーヒーを飲み過ぎて吐き気・気持ちが悪くなった時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーを飲んで体調が悪くなった原因はコーヒー酔い?

コーヒーに含まれている成分として有名なカフェイン

コーヒーを飲み過ぎると、このカフェインを一気に摂取することになり、気持ち悪くなったり、吐き気がしたりという症状に見舞われることがあるようです。

こういった症状が出た時は「コーヒー酔い」や「カフェイン酔い」などと言われます。

もしかしたら、体調が悪くなった原因は、コーヒーに含まれるカフェインが原因かも。。。

 

カフェインがもたらす作用

カフェインには人体に様々な作用をもたらします。

眠気が覚める」のは、カフェインには覚醒作用があるからなんですね。

適量であれば胃液の分泌を助け、消化を促進されたり良い効果を発揮してくれるカフェイン。

コーヒーの他にも、緑茶やチョコレートなど、様々なものに含まれていますが、なんでコーヒーを飲んだ時に体調が悪くなってしまったんでしょう?

それは、

カフェインがもたらす作用は体調に大きく左右されるためというのが大きな理由。

「長時間勉強している」

「長時間仕事をしている」

など、体が疲れている場合に体調を崩したのであれば、カフェインが顕著に作用した可能性が高いです!

そして、コーヒーを飲み過ぎて大量に摂取したとなると、体調不良をもたらす可能性も高くなります。

吐き気・気持ちが悪い原因は、カフェインを摂取して、胃を刺激されたことによって起こっている可能性が高そうです。

 

吐き気・具合が悪くなった時の対処法

ということで、吐き気・気持ち悪くなった時の原因がカフェインであれば、一刻も早くカフェインを体外から排出するのが有効な対処法と言えそうです。

なので、そういった時にはとにかく水分を取りましょう

水分をいっぱい取って、トイレの回数を増やす。

速攻性に欠けますが、体内のカフェインを排出することができる確実な対処法です。

ですが、

水分であればなんでも良いというわけではなく、冷たいものはなるべく避けた方が良さそう。

一番効果があると言われるのが、白湯です。

ぬるま湯というとかなり不味そうな印象がありますが、冷ましたお湯のこと。

白湯を大量に飲むとなると結構辛いですが、体調が良くなるまで白湯をたくさん飲んでみてください。

スポンサーリンク

カフェイン不耐症の恐れも

カフェインを摂ったことによって吐き気・気持ち悪くなった方は、もしかしたらカフェイン不耐症かもしれません。

これは、病気やアレルギーというものではなく、

カフェインを分解するための酵素が極端に少なく、カフェインに対する耐性が低い体質

 

上記のような方を指すようです。

中には、カフェインを摂取したことによって、冷や汗をかいたり、めまいで立っていられなくなる症状がでる方もいるそう・・・。

もしかしたら、コーヒーを飲んで吐き気・気持ちが悪くなった方は、カフェインに対して耐性が低いのかもしれません。

簡単にいうのであれば、

お酒に弱い人

みたいなものでしょうか。

缶ビールを一口で飲んだだけで具合が悪くなる人

焼酎ならいくらでも飲める人

のように、個人差が大きいものだそうです。

なので、カフェインが体質に合わない方は、飲み過ぎに気をつけて、「自分の適量を知る」のが大切です。

 

まとめ

以上、コーヒーを飲み過ぎた時の吐き気・気持ちが悪くなった時の対処法の紹介でした。

コーヒーは適量であれば、様々な体に良い効果をもたらします。

ですが、飲み過ぎると気持ち悪くなったり、吐き気がしたりとマイナスなことが起きることも。

なにごとも適量が一番

眠気覚ましにコーヒーを飲んで体調が・・・

このように本末転倒にならぬよう、コーヒーの飲み過ぎには注意してくださいね。

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ