かき氷のシロップは全部同じ味?種類ごとの違いを紹介

 

夏祭りにかき氷の屋台で「かき氷のシロップかけ放題」なんて誘い文句はよく見かけます。

これに釣られてかき氷を買い、全部の種類のシロップをかけて「それ何味よ」となることも珍しくありません。

珍しくありません。

そこに流れるはかき氷のシロップは全部同じ味との噂。

あの日作り上げたかき氷シロップの味の名前を僕達はまだ知らない。

かき氷シロップの種類ごとの違いを紹介いたします。

スポンサーリンク

かき氷シロップの味の種類

 

かき氷のシロップで有名どころを挙げれば

  • イチゴ
  • メロン
  • レモン

そして何味だよでお馴染みのブルーハワイです。

ここからオレンジ、パイナップル、ブルーベリーなど、フルーツ関係はない味がないほどにシロップの種類が豊富です。

かき氷シロップだけでも数十種類があり、更にシロップ代わりにコーラなどのジュースも人気です。

かのルパン三世はかき氷にビールをかけて食べているシーンがアニメにありましたが、これは少数派のようです。

 

かき氷のシロップは全部同じ味で違いはないのか

 

まことしやかに囁かれる「かき氷シロップの味は全部同じ味」の噂。

いやさそんなことはないはず。

あの日あの時あの場所で友達が作ったブレンドシロップかき氷の味は夏の苦い思い出として残っている!

 

シロップの見た目と香りが味の違いに

このかき氷のシロップが同じ味という噂には、食品業者が公表した経緯があります。

日本ゼネラルフードグループという食品業者が、かき氷シロップの秘密として「かき氷のシロップに味の違いはなく、着色料や香料で見た目や香りを変えることで、脳が錯覚を起こして違う味と感じる」と公表しています。

というわけで、夢も希望もありませんがかき氷のシロップは全て同じ味で、脳が「赤くてイチゴの香りがするからイチゴ味だな」「緑色でメロンの香りがするからメロン味だな」と勘違いしているだけなのです。

ちなみにかき氷のシロップが同じ味というのは味覚センサーでも検証済みで、もうどうしようもありません。

スポンサーリンク

かき氷シロップの種類ごとの違い

 

かき氷にいくつもシロップが用意されるのは、見た目で楽しんでもらう目的ももちろんですが、実はかき氷シロップは全部がまったく同じではなく、種類ごとに微妙な違いがあります。

かき氷のシロップを作るのには

  • 糖液(シロップの本体)
  • 酸味料
  • 着色料
  • 香料

これらを組み合わせてイチゴ味やらメロン味やらブルーハワイ味やらのシロップを作るわけです。

そのため、実はシロップの種類ごとに極めて小さいながらも違いはあります。

ブルーハワイって何味?
かき氷のシロップの話であれば、ブルーハワイはイチゴと同じ味です。
ブルーハワイの元はカクテルに由来し、その見た目と名前のかっこよさでよくわかんない味でありながらかき氷のシロップで高い人気を保っています。
最近ではハワイアンブルーという名前になったりと、かっこよさを磨くのに余念がありません。

ちなみにかき氷のシロップは平たく言ってしまえばガムシロップに酸味と色、香りを付けたものなので、鼻をつまんで目を閉じて食べると、やはりガムシロップの味になるようです。

 

かき氷のシロップは全部同じ味で種類に違いはないのかまとめ

夏祭りでこの話題を出したら、場の空気は一気に冷え込んでしまうでしょう。

かき氷のシロップは全部同じ味。

しかしかき氷が夏にピッタリの食べ物であることには違いありません。

シロップよりもみんなで楽しく食べることこそが、かき氷の味を一番良くしてくれることでしょう!

…これじゃ駄目?

ちなみにかき氷含め、冷たいものを食べると頭がキーンと痛くなりますね。

もちろんこれには理由も予防法もあります。

冷たいものを食べると頭がキーンとする理由とならない方法

かき氷にシロップかけ放題の前にいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ