【窓編】夏の暑さ対策方法と100均グッズおすすめを紹介

 

「毎年最高気温が上がっていくような…」

毎年のように猛暑、毎年のように流れてくる(そして更新されているように感じられる)最高気温の情報…

そこで必須になるのは夏の暑さ対策ではないでしょうか。

これはエアコンの省エネにも繋がり環境にも夏のお財布にもエコな夏の暑さ対策、

お手軽なものとして思いつくものに「窓」から対策する方法で思い浮かべる夏の暑さ対策が多くありますよね。

夏の暑さ対策には少しでも外の熱気を室内に入れない「遮熱」への対策がとても重要になってきます。

その対策としては熱が入ってくる元である外からの熱の入り口である窓を対策はもちろん、窓の外だけでなく内側にも暑さ対策をすると「遮熱」効果が高まり効果的です。

実は100均グッズでお手軽に出来る窓からできる夏の暑さ対策も多くあります。

その中から賢い夏の暑さを窓から対策する方法をメリット・デメリットを挙げてご紹介します。

古き良き夏の風物詩”すだれ”

 

まずは夏の暑さ対策で窓への対策の定番、夏になると100均グッズ売り場に多く並べられるすだれについてご紹介しましょう。

すだれのメリットは

  • 100均で簡単に用意出来る点
  • 外の風を取り入れつつ日を遮り暑さ対策に有効な点

ですね。

すだれの歴史は古く、奈良時代にはあるといわれてますが

今の暑さに対してもとても有効な窓に対する夏の暑さ対策です。

通常すだれは窓の外に吊り下げて使用します。

これは夏の暑さの要因となる強い太陽光が窓ガラス自体に当たらないようにし

室内の空気が温めらないようにするため、室内への夏の暑さ対策となるため効果が高いです。

すだれを外にかけるときはまず吊るせる場所があるかどうか確認します。

場所がない場合は、窓枠などに取り付けれれるようになっているすだれ用フックを使えば簡単に付けられるようになります。

すだれとしてはは外の、窓枠から少し離れた場所に取り付けるのが一番涼しく効果的です。

また一つの工夫としてすだれの上にお水で霧吹きする、じょうろでお水をかけるというような方法がオススメです。

水が蒸発するときの気化熱で更に涼しなり夏の暑さ対策としてより効果が上がるわけですね。

すだれのデメリットは

  • 取り付けに苦労するかもしれない点
  • 外に吊るす場合、風に飛ばされてしまうことがあり注意が必要だという点

です。

インテリアとしても有用な”ブラインド”

 
窓(室内)で行う夏の暑さ対策として使用ができるブラインドもあります。

メリットとしては

  • お洒落なお部屋など、レイアウトに合わせて使用出来る点
  • すだれと比較すると室内で使うため強風の心配などはしなくてよい点

になります。

夏の暑さ対策に一番効果的なブラインドは、「遮熱」効果があるブラインドになります。

その多くは窓から入る太陽光の暑さを感じさせる赤外線を反射する特殊な塗料をブラインドのスラット(はね)に塗り、

夏の暑さ対策として効果的なものとなっています。

「遮熱スラット」(TOSO)や「遮熱コート」(タチカワブラインド)などで検索すれば詳しく調べることが出来ます。

TOSO

タチカワブラインド

こちらは

  • 効果的なブラインドを用意しようとすると少々資金が必要という点
  • 以外とホコリがたまり手入れが大変という点

になります。

余談ですがブラインドの手入れ道具は100均グッズで便利な商品が多数あります。

太陽光を反射して熱を入れない”アルミシート”

 

100均グッツとしては多くの100均ショップにおいてあるアルミシートですが、夏の暑さ対策としても利用することが可能です。

アルミシートのメリットとしては

  • 100均で簡単に手に入る点
  • 取り付けの簡単さ

にあります。

食器棚用のアルミシートや、キャンプ用のアルミ蒸着マットを窓に張ることで太陽光を反射させて夏の暑さ対策として利用するという方法です。

家ではなく停車している車の窓にアルミシートを使っているところも見たりしますね。

しかし

  • 家の窓に貼ってあると見た目が悪い点

がデメリットになってしまうかもしれません。

取り付け簡単で効果的な耐熱フィルム

 
耐熱フィルムは窓に使用することで日差しを反射し熱が室内へ入るのを抑える夏の暑さ対策アイテムです。

メリットとしては

  • 比較的安価である点
  • 取り付けが簡単である点

です。

フィルムには2種類のタイプがあります。

夏の暑さの元となる紫外線の熱を吸収するタイプ反射して熱を室内に入りにくくするタイプです。

ただし熱を吸収するタイプですと窓に熱が集まるようになってしまうので、

熱に弱い種類の窓ガラスではゆがみやひび割れの原因になってしまいます。

デメリットとしては

  • 凹凸のある窓ガラスではちゃんと貼りついてくれないという点
  • 窓の種類によってはつかない点

になります。

またフィルムには台風の突風による飛来物や地震などの災害で

窓ガラスが割れて飛び散りケガなどをしないように飛散防止処理が施されているものもあります。

そのため夏の暑さ対策だけではなく、災害対策への手段としても取り入れられるかもしれません。

まとめ

窓で対策できる夏の暑さ対策をそれぞれ「すだれ」「ブラインド」「アルミシート」「フィルム」についてご紹介してきました。

取り付けしやすいのは「アルミシート」「フィルム」

インテリアに合わせて使うのであれば「すだれ」や「ブラインド」

が良いかもしれないですね。

また100均で手に入れやすいのは「アルミシート」、「すだれ」

「ブラインド」や「フィルム」は良いものを手にいれる方がオススメです。

うまく取り入れて今年も猛暑を乗り切りましょう!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ