炭酸のペットボトルの蓋が開かない時の対処法と簡単に開ける方法

 

簡単に買えて、手軽に持ち運べるペットボトルは、とても便利です!

ペットボトルは一度開けてしまっても、再びキャップで閉められます。

中身もお茶やコーヒー、炭酸のジュースなど種類も豊富ですね。

しかし、時々ペットボトルのキャップが開かない!なんてこと、ありませんか?

不思議なことに、それは力の弱い子供やご老人ばかりでなく、大人の人でも開けられないときがありますよね。

特に炭酸のペットボトルに多いように感じます。

ペットボトルはキャップがついていてとても便利だけど、開けられないと意味がない!

では、キャップが開かない炭酸のペットボトルと出会った時、どうすれば簡単に開けられるのか調べてみました。

スポンサーリンク

ペットボトルの開け方の仕組み

そもそも、炭酸のペットボトルのキャップ開かないのはなぜなのでしょう?

ペットボトルのキャップは炭酸に限らず、上のキャップの部分下の細い紐のようなパーツになっています。

この2つを切り離すことで、ペットボトルのキャップは開けられます。

炭酸の飲料はもちろん、ペットボトルのキャップはどの飲料でも開けやすいように作られています。

しかし、パーツの大きさはどうしても一つ一つ違ってきます。

キャップのサイズが数ミリ違うだけでも、開けにくいペットボトルになってしまったりするそうです。

なので炭酸に限らず、ペットボトルのキャップが開かないことは、大人の普通の人にも起こり得る現象なのだとか。

それに、炭酸のペットボトルのキャップが開かないのは、開封時だけではありません。

一度開けた物でも、きつくキャップを締めてしまえば、次に開ける時に手間取ってしまうことも。

ということで、知っていて損はないはず!

 

炭酸のペットボトルのキャップを簡単に開けやすくする方法

炭酸のペットボトルのキャップを簡単に開けやすくする方法をいくつかご紹介します!

  • ゴム手袋を使う
  • タオルを使う
  • 輪ゴムを使う

まずはゴム手袋を使う方法からご紹介していきます。

 

ゴム手袋を使う

 

炭酸のペットボトルが開かないときは、手とキャップが滑ってしまっているから、というのが大半の原因です。

それならば滑るのを阻止して、摩擦の力を強めましょう!

そんな時に使うのは、ゴム手袋です。

ゴム手袋は性質上、とても摩擦力が強いです。

なので、ゴム手袋をつけて、炭酸のペットボトルのキャップをひねってみましょう!

それだけ? と思うでしょうが、案外簡単なことで開きやすくなるみたいです。

スポンサーリンク

タオルを使う

炭酸のペットボトルのキャップが開かないときに、ゴム手袋を使うと簡単に開けられます。

ですが、もしゴム手袋が家になかったら?

そんな時は、ゴム手袋の代わりにタオルが使えます!

水に濡らしたタオルを絞り、開かないペットボトルのキャップに巻き付け、キャップをひねります。

これもやり方はとても簡単。

しかしこの時に重要なのが、タオルをしっかり絞っておくこと

水に濡れたタオルは摩擦力がありますが、あまり濡れすぎてしまっていると、逆に滑ってしまって開きにくいです。

 

輪ゴムを使う

炭酸のペットボトルのキャップが開かないときに簡単に開ける対処法として、ゴム手袋タオルを使うことをご紹介しました。

この2つは、家にいる時ならば身近にあります

ですが、外出先でゴム手袋を持っている人は少ないですよね?

また、タオルは持っていても、外にいる時に濡らしてしまうと、どうしても邪魔になってしまいます。

そんな時には、輪ゴムを使ってみましょう!

輪ゴムをぐるぐると開かないペットボトルのキャップに巻き付け、ひねるだけ。

やはりこれも簡単です!

原理はゴム手袋の時と一緒ですね。

しかし、摩擦力で輪ゴムが切れてしまう場合もあるので、ご注意ください。

 

炭酸のペットボトルの蓋が開かない時の対処法 まとめ

なんだかんだで結論としては、輪ゴムで開ける方法が一番簡単かもしれません。

在宅時はともかく、出かける時には輪ゴムを数本持っているといいですね。

また、道具を使う前に、ペットボトルの開け方を見直すのも大事です。

★炭酸のペットボトルキャップが開かないとき、キャップだけをひねろうとしていませんか?

キャップだけをひねるより、ペットボトル本体も回してみましょう。

★炭酸のペットボトルキャップは上下のパーツを切り離すことで開けられます。

なのでペットボトルのキャップを回す時、上下のパーツ両方を同じ方向にひねってもペットボトルは開きません。

しっかりつかむことは重要ですが、開ける時はキャップの上の部分だけを回しましょう。

 

ペットボトルを開ける時、自分がどのようにペットボトルを持っているのか。

少し見直してみると、案外簡単に改善するかもしれません。

ちなみに、私が母に「ペットボトルのキャップが開かなかったらどうする?」と聞いたところ、「諦める」と言われ、少し笑ってしまいました。

開け方を知っていても、それで100%開くとは言い切れません。

周りに人がいるならば、自力で開かないときは、他の人を頼るのも一つの方法だと思います。

以上「炭酸のペットボトルの蓋が開かない時の対処法と簡単に開ける方法」のご紹介でした!

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)