運転免許証の更新でカラコンはダメ?バレない方法や選び方も紹介

 

女の子の必需品といえば

「カラコン」

街に出るとき、写真を撮るときカラコンは必需品ですよね。

盛れてる写真を撮るカラコンの選び方。

などは人それぞれお気に入りがあるとは思いますが、運転免許証の更新の写真に盛れるお気に入りのカラコンをつけていきますか?

知らずにお気に入りのカラコンをつけていくと、「運転免許証の更新ができない」なんてこともなりかねません。

運転免許証の更新に行ったのに更新できないということは、帰り車に乗ることもできません。

そうならないためにも、運転免許証の更新でカラコンはダメ?バレない方法や選び方をしっかり見ていきましょう。

スポンサーリンク

免許証の更新でカラコンはダメ?

運転免許証の更新をする時に必要な写真。

その写真のルールは色々ありますが、運転免許センターで写真を撮ると考えて主に下記となっています。

  • 目が隠れていないこと
  • 笑い顔ではないこと
  • 目を細めないこと
  • 目線が正面であること
  • カラコンをしていないこと

ということで、カラコンは運転免許証の更新でダメとなっています。

 

カラコンがダメな理由

運転免許証の写真以外にも、パスポートの写真などもカラコンをしてはダメです。

本人であることを確認するための書類(公的な身分証)は全てカラコンをつけてはダメということになります。

どうしてかと言うと、カラコンをつけていたり目が隠れていたりすると「本人ではない」とみなされる可能性があるからです。

個人的に言ってしまえば、化粧をすれば女の子は顔は変わるので、カラコンがダメな理由として納得はいきませんが・・・

ダメなものはダメなので、バレるような派手なカラコンはやめておきましょう。

 

持ち込み写真もダメ?

上記に記載した通り、運転免許証やパスポートなどの公的身分証はカラコンはダメなので、持ち込みでもカラコンはダメです。

バレたら、再度写真の撮り直しになりますので注意してください。

また、運転免許更新の持ち込み写真などは撮り方がすごく難しく、ルールが沢山あるのでできれば、運転免許センターなど現地で撮るのがいいでしょう。

スポンサーリンク

運転免許証更新でカラコンがばれない方法

カラコンはダメです!と言われても、普段からカラコンをつける人はカラコンなしでは写真撮りたくないですよね。

ましてや、人が多いところに行くのにカラコンをしないなんて考えられません。

なので、カラコンをしてもバレない方法を探してみました。

が・・・

絶対にカラコンだとバレない方法はありません。

むしろ、適性検査などで引っかかるでしょう。

ですから、カラコンはしない方が本当はいいです。

それでも、試すだけ試したい!という方にカラコンの選び方を紹介します。

 

カラコンの選び方

ナチュラルな黒のカラコンにすればバレにくいとは言えるでしょう。

目の形や大きさ目の色によって選び方は様々となりますが、

  • カラコンの色
  • フチがあるかないか
  • DIAの大きさ

が大事になってきます。

 

カラコンの色

これはなんとなく想像できると思いますが、カラコンの色は黒。

カラコンには色々な柄がありますが、もちろん「ぱっちりeye」のようなガッツリ系のはダメです。

なるべくナチュラルな柄のカラコンにしましょう。

 

フチがあるかないか

フチがあるしっかりとしたラインのカラコンはすぐにバレてしまうでしょう。

なので、フチなしをお勧めします。

 

DIAの大きさ

これがきっとカラコンの色と同じぐらい大事なバレない方法でしょう。

日本人の平均では、縦11.0〜横12.0㎜位と言われています。

なのでDIAの大きさは13mm以下がバレにくいと言えるでしょう。

 

補足

 

実際に、私もカラコン(黒)をつけて免許の更新へ行ってみました!

時間がなかったので、ドンキホーテで一番安く、目立たなそうなものと言うことで、

EYE DECOのDIA14.5mmデコダークと言うものを購入。

 

とは言え、つけてみなきゃわからないので、一か八かでカラコンをつけて行きました。

眼鏡使用なので視力検査では、コンタクトですか?と聞かれ、そのまま視力検査。

「セーフ!」

ちなみに見た目はこんな感じ

 

写真撮りますと言われ、2〜3人並んでいましたが何も言われず、流れ作業で写真を撮り

「セーフ!」

無事に免許を発行することができました。

※場所によってはNGな場合もあるので、一応コンタクトケースを持って行きましょう

まとめ

運転免許証ではカラコンはダメと言うことでした。

そして、カラコンは適正検査でバレる可能性があるそうです。

それでも、撮り直しさせられてもいいから試してみたい方は、

  • カラコンの色
  • フチがあるかないか
  • DIAの大きさ

に注意してみてくださいね。

運転免許証は人に見せるためのものではないので、諦めるというのも手です。

適正検査でひっかかったり、やり直しで気まずい思いをするくらいなら開き直って、カラコンなしで運転免許証の更新にいきましょう!

運転免許証の写真がブサイク!は大体みんな同じです(笑)

それも逆にネタにしてしまうのもいいと私は思います!

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ