おみくじの正しい結び方や縛り方まとめ!結ぶ意味についても

 

初詣と言えばおみくじ。新年の祈願を終えてからおみくじを引き、さてさて今年はどんな年になりそうですかね。

「大凶」

Oh…

こんな悪い結果が出ちゃったおみくじの対処といえば、やっぱり境内に結ぶこと!

・・・あれ?

  • 結ぶのは良い結果のおみくじじゃないの?
  • おみくじを結ぶのって本当に正しいの?
  • 縛り方や結び方に正しい方法は?
  • おみくじを結ぶ意味って?

初詣のおみくじには「?」がいっぱい。

この記事を読んでくれる方へ、知識のお年玉。(お金は無理です)

スポンサーリンク

おみくじの結果で結ぶかどうかは決まる?

 

良い結果のおみくじか、悪い結果のおみくじか。

緊急性が高いのは悪い結果のおみくじを引いちゃった人なので、まずはそちらのおみくじを結ぶことについて調べていきましょう。

 

悪い結果のおみくじを結ぶ意味

凶などの悪い結果のおみくじを結ぶ意味は、

「おみくじに書かれた悪い運勢をその場に留まらせ、更なる加護を祈願する」
「木々に結ぶ場合は、木々の生命力にあやかり、運勢が良くなりますようにという願い」

主にこれが挙げられます。

つまりは、悪い運勢を持ち帰らない、良い運勢へ修正するという意味で結ぶのですね。

 

良いおみくじを結ぶ意味

次は個人的には少数派だと思っている、良い結果のおみくじを結ぶ意味。

良い結果のおみくじを結ぶ意味は、書かれている通りの運勢に結ばれますようにといった贅沢な意味が主になっています。

ちなみに「良い結果のおみくじは一度持ち帰ってから後日、お礼をしてから境内へ結ぶ」という方法もあるそうですよ。

しかも、結ぶ境内はおみくじを引いた所でなくてもいいそうで、帰省中に引いたおみくじも安心ですね。

 

良し悪しは関係なし?

他にも

おみくじを結ぶことはそこにいる神様と結ぶことなので、内容の良し悪しは関係ない。

おみくじは神様からの言葉なので、結ぶのではなく持ち帰り、時々見ては自分への戒めにする。

など、

  • おみくじの内容の良し悪しに関係なく結ぶ
  • おみくじはそもそも結ばない

 

といった意見もありました。

こんなことを大きな声で言ったら神様、仏様に怒られそうですが、おみくじを持って帰ると処理が面倒であれば結んで帰っちゃえ!というのが正直なところ。

 

おみくじの縛り方、結び方について

 

回収する新聞紙の縛り方にだってやり方があれば、おみくじの縛り方にもやり方があります。

その前にどこに結ぶかについて知っておきましょう。

 

おみくじを結ぶ場所

初詣では、木の枝におみくじを結んでいる光景をよくみますが、これはNGとしている神社やお寺も数多くあります。

なぜなら、おみくじを結んだことで木の成長に悪影響を及ぼす場合があるということです。

なので、おみくじを結ぶ場所はちゃんと指定されている場合が多いので、それに従うようにしてください。

「適当にその辺に結んじゃえ」で大吉が台無しになるかもしれませんよ!

 

おみくじの結び方

さて話を戻して縛り方、結び方についてです。

一番気をつけたいのが「結ぶときに破れないようにする」ことです。破れるというのは非常に縁起が悪いので、結ぶときは充分注意してください。

で、おみくじはどのように結べば良いかですが・・・縛り方や結び方について厳格な決まりはありません!

どんな結び方でもよいんですが、破れないよう、しっかりと計画的に結びましょう。

ポイントは、

  • 結ぶ前にちょっともんでおく
  • 結ぶ前に折り目をつけておく

 

おみくじをもんでおけばかなり結びやすくなり、柔らかくなることで破れることを防げたりします。

※揉みすぎ注意

そして、折り目をつけとくことでスムーズにおみくじを結ぶことが可能に。

手順を説明すると・・・

おみくじを四つ折に

 

まずは結びやすいように四つ折にしておきましょう。

「つ」の形に

 

次に、ひらがなの「つ」を作ります。

半分から織り込むと、後から歪な形になる&結ぶのが大変になるので注意。

クロスさせる

 

クロスさせ、おみくじを結ぶ箇所に引っ掛けます。

結ぶ

 

結びます。

 

伝わりましたか?・・・え、イマイチ?

とにかく、破れないように結べば結び方はなんでも構いません。

最後結びつけるところで引っ張り過ぎすぎると「ブチっ」といってしまうのでご注意を。

 

余談ですが

悪い結果のおみくじを、利き手と逆の手だけで結ぶと「困難に打ち勝った」ということで運気が上昇するそうです。

試しにやってみたところ、案外いける!落とされたからこそ与えられた逆転チャンス、しっかりもらっていきましょう。

 

おみくじを結ぶのまとめ

ここまで調べて、おみくじは結果の良し悪しに関わらず「結んでもいい」ようです。

「おみくじを結ぶことは、そこにいる神様と結ぶこと」を前提として、

良い結果のおみくじを結ぶ人は「おみくじ通りの運勢になるようお願いする」

悪い結果のおみくじを結ぶ人は「運気上昇への助力をお願いする」

といった意味があるんですね。

対しておみくじを持ち帰る人は「時々見て、自分への戒めとアドバイスにする」と、なかなかストイックですね。

自分がなぜおみくじを結ぶのか、しっかり意味を理解していればその願いも届きやすくなるはず。

縛り方、結び方そして結ぶ場所に注意して、良い運勢を招き入れてください。

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ