お腹がなるのはなぜ?止める方法と原因や理由についても調査

 

授業中や会議中などにお腹がグーグーなることがありますよね。

また映画館などで感動するシーンとした空気の時にお腹がなるととっても恥ずかしいですよね。

そこで今回は、お腹がなるのはなぜか。また止める方法や原因や理由についても調べてみました。

知らなければ恥ずかしい思いをするかもしれないので、ぜひこの方法を知っておいてくださいね。

また、記事の最後では一つは持っておきたいお腹がなるのを止める食べ物も紹介していますのでチェックしてください。

スポンサーリンク

お腹がなるのはなぜ?

それでは、なぜお腹がなるのでしょうか。

お腹がなる原因がいくつかあったので紹介していきます。

 

お腹が空いている

お腹が空いていると当然お腹がなりますよね。

これは、皆さんも考えられる原因の一つだと思います。

お腹が空いている時にお腹がなるのはなぜかと言うと原因は胃腸の収縮と空気にありました。

 

胃腸の収縮

お腹が空いた時のお腹がなるのはなぜかというと、原因は胃腸の収縮と空気が原因です。

胃の中にある少しのものを腸へ送り、胃の中を空っぽにして次食べる時にたくさんエネルギーを摂取できるように収縮運動を始めます。

また、収縮運動している時に空気が胃から腸に移動するのでぐーぐーと音がなるのです。

ようは、お腹がすくと胃が動いて空気が流れるからということです。

 

お腹が空いていない

また、お腹が空いていない時にもお腹がなることがありますよね?

それはなぜかと言うと、これも胃の収縮運動で空気が流れるせいですが少し違った原因があります。

 

呑気症

早食いや炭酸飲料を頻繁に飲む人に多いものですが、様々な理由により唾液と一緒に空気を多く飲み込んでしまいます。

この呑気症に影響しているのは、ストレスとも言われており、空気を多く飲み込んでしまうことでお腹がなるというふうに考えられるようです。

スポンサーリンク

お腹をならないようにする方法

お腹が減ってお腹がなる。または、お腹が減っていないのにお腹がなる原因や理由がわかったところで、どのようにすればお腹が鳴るのを防ぐことができるでしょうか。

まずは、お腹をなりやすくしてしまう行為などを紹介します。

 

気をつけること

  • 早食い
  • 水を大量に飲む
  • 猫背
  • 炭酸飲料の取りすぎ

には注意してください。

早食い

早食いがダメな理由がなぜかというと、空気がお腹の中に入りやすくなるからです。

少し時間に余裕を持って、ゆっくり噛んで食べましょう。

 

水を大量に飲む

 

水を大量に飲むとお腹がなる原因は、最初だけしか空腹を紛らわすことができないからです。

しっかりご飯を食べなきゃエネルギー不足になってしまいます。

また、水を飲みすぎるとお腹の音も比較的大きくなってしまいます。

 

猫背

猫背だとお腹がなりやすくなってしまいます。

これも、お腹がなる一つの理由として考えられるので、なるべく姿勢はしっかりしましょう。

 

炭酸飲料の取りすぎ

炭酸飲料も一時的にしかお腹がいっぱいになりませんので、少したつとお腹がなります。

また、炭酸飲料を飲みすぎると空気も取りやすくなってしまうので注意。

スポンサーリンク

事前にお腹がなるのを防ぐ

では、事前にお腹がなるのを防ぐ方法を以下で紹介していきます。

お腹がなるのを止めるのを頑張る前に、まずはお腹がなるのを防いでいきましょう。

 

ご飯をしっかり食べる

まずは、朝ごはんをしっかり食べること。

早食いではなくご飯をゆっくり食べると良いです。

そうすることで、空気を多く飲み込まなくなるのでお腹がなるのを防いでくれます。

 

ゲップをする

意識してゲップを出すのは少し難しいですが、ゲップがしたくなったら出す方が良いです。

お腹の空気を出しておくことで、お腹がなるのを少しは防いでくれるでしょう。

 

お腹がなるのを止める方法

次に、上記のことができなかった!できない場合のお腹がなるのを止める方法を紹介します。

緊急事態の時に知っておいてくださいね。

 

背筋を伸ばしてお腹を膨らます

背筋を伸ばしてお腹を膨らまして胃に力を入れるようイメージしてみてください。

またそのあと、お腹を凹ませお腹に力を入れてみてください。

この方法を交互にすることが一番お腹がなるのを止めることができるでしょう。

 

チョコや飴を食べる

 

チョコや飴などの糖分を少し取るだけでも、お腹がなるのを止めてくれます。

学校では少し難しいかもしれませんが、お腹がなりそうな時はこの方法もおすすめ。

 

ツボを押す

 

万能のツボと言われる「合谷」を押す。

空腹を抑えたり、お腹がなるのを防いでくれます。

また、ダイエットや肩こりにもいいそうですよ。

 

気にしない

止める方法で気にしないと言うのは少しおかしいですが、これが一番いい方法だったりします。

お腹がなってしまうかもしれない。お腹がなったらどうしよう。と意識するとお腹はなるそうです。

また、その場所へのストレスになってしまうので開き直ってしまいましょう。

お腹がなるのは生理現象できっとみんな同じ悩みがあるはずなので、「お腹なるかも!」や「あーお腹すいたーお腹なるー」と言えば大丈夫です。

 

補足

ちなみにですが、私はよくテスト中にもお腹がなっていたし、いまだに映画館や会議中などにお腹がなります。

シーンとして緊張するからと言うのもあるでしょう。

なので、気にしません!

「誰かお腹なった?ぐーぐー聞こえたような気がする」みたいな顔しておきます(笑)

それと、ドラッグストアやコンビニにも売っている「ぐーぴたっ」

出典:ナリスアップ コスメティックス

 

もちろんお腹いっぱいにはなりませんが、お腹がなるのを止めてくれるそうです。

グミタイプやクッキータイプなどがありますので試してみてください。

 

まとめ

お腹がなる原因や理由は、胃腸の収縮による空気のせいでした。

また、お腹が減ってなる時は糖分をとるといいそうです。

お腹が減っていないのになる場合は、ストレスなども関係してくるようでした。

気にしないのが一番と言う結果になりましたが気になる方は止める方法をいろいろ試してみてください。

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)