水道が凍結するのは何度から?水が出ない時の対処法と予防法

 

大変!真冬日に水道栓を閉め忘れた!何てことありませんか?

ほおっておいたら水道管が爆発し水が漏れ、家の修理をしなければならなくなります。

そんないらない出費を抑えるために、まずは何度になったら注意しなければいけないのか。

また凍結してしまった時の対処法や、凍結しないための予防法などを見ていきましょう。

記事の最後には、注意点も記載しましたので見てみてください。

スポンサーリンク

水道が凍結するのはなぜ?

水が凍るのは何度からか皆さん一度は聞いたことありますよね?

水は、0度を下回ると凍ってしまいます。

それは水道でも同じで、ある温度を下回ると水道も凍結してしまいます。

さてそれは何度でしょうか。

最近の家では暖かい構造になっている家が多いそうですが、北海道や東北などの豪雪地帯などは油断できませんので見ていきましょう。。

 

何度から水道は凍結する?

さて、それではある温度を下回ると凍結してしまう、ある温度とは何度くらいでしょうか。

調べてみたところ、外気温がマイナス4度以下になった時が凍結しやすいそうです。

ですが、何度かや雪が降っているからで水道が凍結するのではなく雪が降っていなくてももちろん凍結することはあります。

さらに、一階に住んでいる人や下の階に誰も住んでいないアパートなどは特に注意してください。

下の階に人が居なく2階に住んでいる友達が、ストーブをつけて1日外泊しただけで凍結した。と言うことがありました。

なので一概に何度からは凍結する!しない!とは言い切れません。

建物や住んでいる場所によっても違うそうです。

 

水が出ない時の対処法

水が出ない時の対処法にはいくつかあります。

もしも万が一水道が凍結して水が出ない時は、この対処法をやってみてください。

必ずしも水道から水が出るようになるとは言い切れませんが、万が一水道屋さんが来れない時の事を考えて水が出ない時の対処法を見て実践してみましょう。

スポンサーリンク

溶けるのを待つ

一部の軽い凍結なら暖かいお昼くらいの時間に溶けることがあります。

なので、水が出ない時はストーブの温度を少し上げて溶けるのを待ちましょう。

もちろん、お昼でも寒い真冬日などは溶ける可能性が低いのでこの対処法は使えません。

 

凍結部分にお湯をかける

この対処法で注意しなければいけないことは、直接お湯をかけないことです。

水が出ない時に水道管に直接お湯をかけると水道管が破裂してしまう可能性があるので、タオルなどを巻いてからタオルの上にお湯をかけるようにしましょう。

また、かけるお湯や水がない場合は違う対処法を行ってください。

 

ドライヤーを当てる

お湯や水がない場合は、ドライヤーを当てるのも良い対処法だそうです。

カチカチに凍結してしまった場合は無理があるかもしれませんが、一部的なものならこれでも溶けるはずです。

 

電気解氷気を使う

一軒家のお家や設備屋さんに連絡してみると持っている可能性が高いです。

また設備屋さんではお金がかかります

ですが、軽い凍結だと設備屋さんの方が安くやってくれたりしますので水道屋さんとどちらがいいか連絡してみてくださいね。

ちなみに私は、知り合いの設備屋さんに頼んだところ無料でやってもらいましたので、お礼分を考えても安く済んだかなと思います。

 

水道やさんを呼ぶ

最終的な対処法はこれしかありません。

ですが、一部のお家が凍結しているとなると他のお家も凍結していることが多く、来るのが2日後とかになってしまうこともあります。

水道管が爆発しないよう一番の対処法を探してみてくださいね。

また、水道屋さんは5,000〜10,000円で治してくれるそうです。

スポンサーリンク

水が出ない時の予防法

何度から凍結するかわかってはいても、冬は凍結しやすく凍結してしまってからでは遅いので水が出なくなる前に、予防法なども見ておきましょう。

予防法には下記のようなものがありました。

  • 水道の栓を閉じる
  • 少量の水を流しっぱなしにする
  • 水道管の保温

 

水道の栓を閉じる

長期外出や寒い日では水道の栓を落として寝るのが一番いい予防法です。

そして、水道の栓が閉じた状態で水抜きを行ってください。

水道の栓を閉じていても、水抜きを行わなければ凍結する可能性が十分にあります。

 

水を流しっぱなしにする

動いている水は氷点下になっても凍りにくいので、水をほんのすこし流しっぱなしにするのも良い予防法です。

ただし、水がもったいないのと、流しっぱなしにできないトイレはあまり意味がありませんのでご注意

 

水道管の保温

ホームセンターなどに売っている保温材や自宅のタオルなどを水道管に巻きつけるのも良い方法です。

ないよりはあったほうが凍結しにくいでしょう。

 

補足

水道が凍結して水が出ないけど、そのうち出るだろうと長時間放っておくのはかなり危険です。

水道凍結には水が出ない他に水道管が爆発する可能性もあります。

どんな対処法をしても水が出ない場合は、業者さんを呼ぶのをおすすめします。

 

まとめ

水道が凍結するのは何度からかというと、マイナス4度だそうです。

また、水道が凍結し水が出ない時は温めるのがとても良い方法ということでした。

水道管が爆発しないためにも、余分な出費が出ないようにするためにも、予防法をしっかりしておきましょう。

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ