白湯の効果的な温度と簡単な測り方|レモンを入れる作り方も紹介

 

女の子は体に気をつかったりダイエットを考えてみたり色々大変ですよね。

気をつかう部分が多くお金もかかるし、面倒くさい・・・

そんな時は白湯がおすすめ。

体にとても良いしダイエット効果もあるんです。

そこで今回は、白湯の効果的な温度や簡単な作り方や測り方。

また、白湯が苦手な方にレモンを入れる白湯の作り方を紹介していきます。

記事の後半では、レモン白湯以外の白湯についても少し触れていますので、最後まで併せてチェックしてください。

スポンサーリンク

白湯とは

白湯には実は色々な定義があります。

ただ、お湯を覚ませばいいというものではなく、温度やお湯の沸かし方もあるそうです。

また白湯は

  • 冷え性改善
  • 便秘改善
  • 美肌効果
  • 胃腸と温める
  • デトックス効果
  • ダイエット効果
  • むくみ解消

などの効果があげられます。

また白湯の効果的な飲み方や測り方で温度を測り飲むだけで、効果が少しづつあらわれるのでとても簡単な方法です。

 

白湯の効果的な温度と簡単な測り方

白湯の効果的な温度は50℃前後で、測り方は温度計があれば一番良いですが、なければ飲んでみて少しぬるいけど暖かい。くらいの感じがよいです。

また、インドのアーユルヴェーダと言う伝承医学では、白湯の作り方が決まっているそうです。

やかんに水を入れ10分〜15分沸騰させて50℃前後に冷ますのが、本来の白湯の効果的な温度や測り方ですが、無理そうであったりアーユルヴェーダにこだわりがない方はレンジやポットで温めても良いでしょう。

 

白湯を電子レンジで作る場合

ミネラルウォーターをマグカップに入れ、500wで2分ほど温める。

そこから、50℃くらいになるまで冷ましてから飲みましょう。

 

白湯のダメな例

白湯はだいたい50℃と先ほど記載しましたが、それは内臓温度より少し温度が高めな白湯を飲むのが効果的とされているからです。

内臓温度より低い温度の白湯はあまり効果がなくなってしまうので気をつけてくださいね。

また、お湯を再度沸かして飲むのもあまり良くないので、保温ポットなどに入れ冷めないようにしましょう。

スポンサーリンク

効果的な飲み方

  • 起床時と就寝前:100〜150ccほどを10分くらいかけゆっくり飲む
  • 食事中:食事中の飲み物として100〜150ccほどを飲む

のが効果的な飲み方と言われています。

ですが、体に良いからと言って白湯の飲み過ぎは禁物です。

1日に飲むだいたいの合計は800cc〜1ℓ以内にしましょう。

また、最初は少し飲みにくいかもしれませんが慣れていくうちに甘みを感じ飲めるようになってきます。

体のバランスがあっていない最初のうちは、美味しくないのが当然だそうです。

だんだんと、慣れていったり体のバランスがあっていくうちに、飲みやすさも変わってくるそうですよ。

ですがどうしても白湯は苦手という方は、飲みやすく簡単なレモンを入れる作り方を見ていきましょう。

このレモンや入れる作り方でも、たくさんの効果があるので是非白湯を飲みなれている方でも挑戦してみてください。

 

レモンを入れる作り方

白湯にレモンを入れ飲むのも体にとっても効果的だそうです。

レモンに入っているクエン酸にはダイエット効果だけではなく、代謝アップや血糖値の上昇を抑えるそうです。

主なレモン白湯の効果は

  • 美肌効果
  • アンチエイジング
  • 冷え性改善
  • 疲労回復

などがあります。

また、白湯ほど飲みにくくないので白湯が苦手な人にもオススメです。

では、下記でレモン白湯の作り方を見ていきましょう。

 

レモン白湯の作り方

白湯を作り1/2個のレモンを絞る。

または、輪切りのカットレモンを並べる。

レモン白湯の作り方はたったコレだけ。

また生レモンがない場合は、ポッカレモンなどでも大丈夫だそうです。

ですがレモンの皮には栄養があるので出来れば、レモンをよく洗い皮ごと使うのがオススメ。

ちなみに、ローラさんはレモン白湯にチアシードやはちみつを入れたりもするみたいです。

レモン白湯を飲んでいる人たちの感想などは下記で。

 


 

補足

白湯はレモンを入れる以外にもはちみつや生姜などを入れたりもします。

また、スパイス白湯というものも体にとてもいい効果があります。

スパイス白湯については、スパイス白湯とは?作り方と美肌やダイエット効果について紹介で紹介していますので見てみてください。

またレモン・はちみつ・生姜・スパイス白湯の基本は、この記事の前半で紹介した白湯が基本です。

温度や飲むタイミングなどでも効果に少し差が出るようなので、気をつかってみてくださいね。

 

まとめ

白湯とは色々な効果があり、飲むタイミングや白湯の温度によっても効果が変わってくるようでした。

また、やかんがない場合やミネラルウォーターがない場合などでも、電子レンジや水道水などで簡単にできるようなので、注意ポイントだけしっかり押さえておきましょう。

  • 白湯を飲む時間:起床時や睡眠前・食事をしながら
  • 白湯の温度は50℃前後
  • 白湯の飲み過ぎには注意
  • 白湯が苦手な方はレモンを入れる

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ