眠れない時に羊を数えるのはなぜ?由来や効果も紹介

夜寝たいのに眠れない時、あなたはどうしていますか?

眠れないときの対処法として有名なのが「羊を数える」ということですが、あまり効果を実感できたことはありません・・・

いったい眠れない時に羊を数えるというのは、どこから広がった話なのでしょうか?

この記事では、なぜ眠れない時に羊を数えるのかやその効果や由来についても紹介していきたいと思います。

また記事の後半では、羊を数える以外の眠れないときの対処法も紹介します!

発祥はどこ?

眠れない時に羊を数えるという対処法は、イギリスが発祥の地のようです!

どうやら羊を数えるのは英語圏(欧米)のほうが発祥で、日本が発祥ではないんですね・・・

ということは日本で羊を数えるのは、眠れないときの対処法になるのでしょうか?

なぜ羊を数えるの?

眠れない時に羊を数えるようになったのには、いくつか説があるそうです。

羊飼いが羊を数えている間に眠くなった

その昔、羊飼いが羊を数えていると眠たくなった、という話から眠れない時に羊を数えるという説ができたそうです。

これは実際に羊を数えているので、想像の中で数えるのとはまた少し話が違う気がしますね。

頭の中では順番に羊が現れますが、羊飼いはいっぱいいる羊を見分けながら数えなければならないので労力も違います。

「sheep(羊)」と「sleep(寝る)」が似ている

英語圏では、「sheep(羊)」と「sleep(寝る)」の発音が似ているという言葉遊びで始まった説。

sheepと発音する時の息の吐き出し方が自然に腹式呼吸をしやすいらしく、腹式呼吸をすることで体がリラックスして眠りやすくなるそうです。

そのため英語で「one sheep,two sheep,three sheep・・・」と数えているとリラックスして眠くなりやすいということなんですね。

元々は自分を寝かしつけるため「sleep」と言っていた

夜眠れない時に、自分に「寝るんだ!」ということを聞かせるため、「sleep,sleep」と言ったのが始まりという説もあります。

「sleep,sleep・・・」と自分に言い聞かせているうちに眠くなって、口が回らなくなりしっかり発音できなくなって「sheep(羊)」になったということだそうです。

確かにスペルも1文字違いなので、眠くなって口が回らなくなったらsleepに変化していきそうなのも納得ですね。

昔に使われたおとぎ話

とある王様を寝かしつける際に、召使いが「果てなし話」というおとぎ話をしたそうです。

その内容は、羊を一匹ずつ順番に川を渡して、数を数えていくというお話。

夜眠れない時に羊を数えるという点では、現在言われている話に近いような気がしますね!

効果はあるの?

それでは、眠くない時に羊を数えて、実際に効果はあるのでしょうか?

今までの説を見てみると、英語圏(欧米)の話ばかりであまり日本人に効果は無さそうですが・・・

まさにその通りで、英語にあまりなじみのない日本人にとっては、まず効果は得られません!

なぜなら今までも紹介してきたように、「sleep(寝る)」と「sheep(羊)」の音が似ていたから成り立っていたからです。

日本語で「寝る」と「羊」では似ても似つきませんもんね。笑

オックスフォード大学が2002年に、「眠れない時に羊を数える効果はあるのか」という研究をした結果、効果はないという結果が出たそうです!

眠れない時のおすすめ対処法

眠れない時に羊を数えても意味がないのであれば、どうすれば良いのでしょうか?

そう思っているあなたにいくつか眠れない時の対処法を紹介します!

腹式呼吸をする

一説の中にもあったように、腹式呼吸をすると早く眠りにつきやすくなります!

とはいえ「いきなり腹式呼吸と言われてもやり方がわからない・・・」そんな方もいるんじゃないでしょうか?

知らないと難しいイメージがありますが、腹式高級はとっても簡単!

腹式呼吸のやり方は・・・

①お腹(へその下)に空気を貯めるイメージで、鼻から空気を吸います。

通常の胸式呼吸では胸のあたりが膨らむので、お腹を膨らませるイメージで鼻から息を吸いましょう。

②口からゆっくり息を吐きだします。

吸った時の倍の時間を使うくらいゆっくり口から息を吐きだすのが大切です。

この2ステップで腹式呼吸ができてしまいます!

やり方さえわかってしまえばどこでもできるので、ぜひ実践してみてください。

4-7-8呼吸法

478呼吸法と言われても、すぐにわかる方は少ないかと思います。

この呼吸法は、ヨガなどでよく使われるいわゆる瞑想です。

478呼吸法の数字は数えるカウント数で、数字さえ覚えてしまえば誰でも簡単に取り組むことができます。

478呼吸法のやり方は以下の通り。

①4秒かけて鼻から息を吸う

②7秒間、呼吸を止める

③8秒かけて口から息を吐く

たったこれだけ!!

これなら秒数さえ覚えておけば、今晩からも実践することができますね。

まとめ

なぜ眠れない時に羊を数えるのか、その由来や効果、また対処法も紹介してきましたがいかがでしょうか?

誰もが聞いたことのある「眠れない時に羊を数える」という話は、まさか全く効果がないという研究結果があっただなんて・・・

確かに今まで試しに羊を数えていても眠れた覚えはありません(汗)

今回は羊を数える以外の、眠れない時の対処法なども紹介したので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)