レッドブルの飲みすぎは危険?毎日飲むのは大丈夫なのか

Pocket
LINEで送る

レッドブル、翼を授ける」のフレーズでみんなに知られているレッドブルは、頑張りたい時などに活躍してくれるエナジードリンクです!

とはいえいろいろなところで、レッドブルの飲みすぎによる事故などがあって、危険そうと不安を抱いてしまうのも正直なところ・・・

朝早くから仕事に行かなければいけない時や、テストに向けて深夜に勉強する時など、エナジードリンクに頼りたくなっても、嫌なニュースを聞くと飲むのをためらってしまいますよね。

この記事では、レッドブルの飲みすぎは危険なのかと、レッドブルの効果や毎日飲むのは大丈夫なのかなどを紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

レッドブルの効果は?

エナジードリンクとしてかなり有名なレッドブルは、コーヒーなどに比べるとカフェインが多く含まれています。

カフェインは、疲労回復や鎮痛作用などがあるので、朝早く起きる必要のある時や、徹夜などして頑張りたい時など集中したい時に大活躍します!

またビタミンB群も入っていて、より効率的にエネルギーを生産しやすくしてくれるので、活力が湧いてきます。

とはいえこれらの効果は、飲んですぐに感じるわけではなく、飲んでから30分~1時間経ってから効力を感じられるようです。

またそこからの持続時間は平均5~6時間と言われていますが、効果の感じ方にはやはり個人差があるようですね。

レッドブルの危険性

レッドブルといえば、やっぱり気になるのが「レッドブルって危険そうだけど大丈夫?」というところ。

確かにアメリカなどでレッドブルの飲みすぎによって死亡したケースなどもあるので、飲むのに抵抗が生まれたりしますよね・・・

ほかにもいくつかニュースとして取り上げられたものもありますが、いずれもレッドブルの過剰摂取が問題でした。(※もちろん例外もあります)

またアルギニンという成分も過剰摂取には注意ですが、レッドブルを1日に十数本飲まない限り、突然中毒を起こしてしまうことはまずありません。

とはいえ眠気を覚ますためや集中したい時に一気に何本も飲むのは避けましょう!

どれくらい飲んでも大丈夫?

レッドブルなどの栄養ドリンクは、医薬部外品と言われるもので、医薬品ほどではないけれど、改善効果が得られるものと分類されています。

もちろんエナジードリンクなので、集中したい時や目を覚ましたい時には大活躍してくれる、テスト前の学生や夜勤明けのサラリーマンの強い味方です。

とはいえやはりいろいろな成分をギュッと詰めたもののため、過剰に摂取するのは危険です。

レッドブルに含まれるいろいろな成分のことを考えても、レッドブルは1日1本飲む分にはまず問題ないでしょう!

海外での死亡例などもレッドブルの過剰摂取が原因なので、適度に飲む分には心配する必要は無さそうです。

まとめ

以上、レッドブルの飲みすぎは危険なのかと、レッドブルの効果や毎日飲むのは大丈夫なのかを紹介しました!

海外でのレッドブル過剰摂取によるニュースなどを聞いてしまうと、レッドブルを飲むのは気が引けてしまいますよね・・・

ですが仕事や学業に集中するために、1日1本飲む分にはまず問題なさそうです!

レッドブルに限らず、どのエナジードリンクであっても過剰摂取は避けて適度に飲むのが大事ですね。

効果の感じ方にはやはり個人差がありますが、レッドブルは眠気覚ましや集中したい時に飲むのが良さそうです。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す