「speak(スピーク)」と「talk(トーク)」の違いは?正しい使い方も紹介!

Pocket
LINEで送る

話すという意味で使われる「speak(スピーク)」と「talk(トーク)」には、どのような違いがあるのか分かりにくいですよね・・・

何気なく話すという英単語として使っているものの、違いはあるので、しっかりと状況に応じて使い分ける必要があります!

この記事では、「speak(スピーク)」と「talk(トーク)」の違いは何かと正しい使い方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

speak(スピーク)とtalk(トーク)の違い

どっちも話すという意味で使われる「speak(スピーク)」と「talk(トーク)」は、どのような違いがあるのでしょうか?

簡単にまとめてしまうと、

speak(スピーク) : 一方的に自分から相手に発信する

talk(トーク) : お互いに話し合う

というふうな場面で使い分けることができます。

そのため一方的に自分から話しているときには、talkを使うことはないようですね。

それではどのように違うのかを踏まえた上で、それぞれの使い方も紹介していきます!

speak(スピーク)の使い方

話すという意味で使われるspeak(スピーク)は実際にどのように使われるのでしょうか?

speak(スピーク)は先ほど紹介したように、相手との話し合いではなく、一方的な発信をする時に使われます

またtalk(トーク)に比べて、speak(スピーク)は硬い印象を受けるので、友だち(親しい人)以外と話す時にも使われたりします。

ほかにも聞き手がいなかったり、大勢に向けて話す時はspeak(スピーク)を使うため、演説の時などにはtalkは使いません

talk(トーク)の使い方

こちらも話すという意味で使われるtalk(トーク)ですが、実際にはどのような使い方をするのでしょうか?

talk(トーク)は、話し相手がいてお互いに話し合っている時に主に使われます

またspeak(スピーク)に比べるとラフな場面で使われることが多く、上下関係のない友達同士で話している時で使われることが多いです。

ほかの人と会話をする場合にはtalk(トーク)が使われるので、一方的か話し合っているかで使い分けることができます!

まとめ

以上、「speak(スピーク)」と「talk(トーク)」の違いは何かと正しい使い方も紹介しました!

どっちも話すという意味で使われる英単語ですが、それぞれしっかりと使い道に違いがありましたね。

speak(スピーク)は一方的に発する時、talk(トーク)は友だちとお話しする時に使うことが多いようです。

ほかにも細かい違いはありますが、大体話し相手がいるかどうかで判断することで使い分けることができます。

意味は似ていますが、しっかりと違いのある英単語なので、使い分けられるようにしておくとワンランク上の英語を使うことができそうですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す