「study」と「learn」の違いは?正しい使い方も紹介!

“勉強する”や”学ぶ”という意味で使われる英単語に、studyとlearnがありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

確かにどちらも似た意味で使われますが、しっかりとニュアンスに違いがあるので、使い分けられるようにしておきましょう。

この記事では、studyとlearnの違いは何かと正しい使い方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

studyとlearnの違い

どっちも勉強する・学ぶという意味で使われるstudyとlearnですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

study : 学んでいる過程に焦点・身に付いたかどうかはわからない

learn : 学んだ結果に焦点・学んだことが身についている

studyとlearnは学んだことが身についているかどうかで使い分けることができます!

勉強していることだけに焦点を当てるならstudy、学んだことを習得しているならlearnを使うと覚えておくと良いでしょう。

studyの使い方

勉強するや学ぶといった意味で使われるstudyは、どのように使われるのでしょうか?

studyは、学んでいるという過程に焦点が当たる単語です。

例文 : I stdied English at last night. (私は昨晩英語の勉強をした)

上記のような文では、英語を勉強したということは伝わりますが、学んだことが身についているかどうかは分かりません

studyは勉強をしているというところに焦点が当たるので、まだ習得していなくて学んでいる時に使うと考えておくと良さそうです!

learnの使い方

こちらも学ぶという意味で使われるlearnですが、どのような使い方をするのでしょうか?

learnは、学んだ結果に焦点が当たる単語です。

studyと比べて、learnは学んだことが自分の知識として身についている時に使われます。

例文 : I learned English. (私は英語を学んだ)

上記の文では直訳すると、「英語を学んだ」となりますが、learnを使うと英語を身につけたという意味になります!

そのためstudyとは違い、学んだことをしっかり習得して身につけている場合はlearnを使うと覚えておくと良さそうです。

まとめ

以上、studyとlearnの違いは何かと正しい使い方も紹介しました。

どっちも勉強する・学ぶという意味で使われるstudyとlearnですが、それぞれしっかり違いがあるようですね。

改めてまとめると、

studyは、学んでいる過程に焦点が当たっていて、学んだことが身についているかはわからない

learnは、学んだ結果に焦点が当たっていて、学んだことが身についている

このように使い分けることができるようです!

なので自分が学んだことをどれだけ習得できているかに応じて、しっかりと使い分けるようにしておくと良さそうです。

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)