日焼け止めのSPFやPAの意味や効果は?おすすめの選び方も紹介

夏になると日焼け止めは、肌身離せない必需品になりますよね。

せっかく日焼け止めを塗るのならしっかりと効果の強いものを選びたいところですが、SPFやPAの意味や効果がよく分からないという方も少なくないのではないでしょうか?

またSPFの数値が高ければたかいほど、PAの+が多ければ多いほど良いというわけではないので、しっかりと自分に合った日焼け止めを選べるようにしておきましょう!

この記事では、日焼け止めのSPFやPAの意味や効果は何かとおすすめの選び方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

SPFの意味と効果

SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略称です。

主にシミやソバカス・皮膚がんなどの原因になる紫外線B波(UVB)から守ってくれるもので、数値が高いほど効果は強力になります。

まず前知識として紫外線が当たってから、日焼けするまで(個人差はありますが)約15~20分と言われています。

そこで例えばSPF30の日焼け止めを付けたとしたら、通常の30倍の(20分×30)600分日焼けし始めるまでに時間がかかるようになるということです。

そのため数値が高ければ高いほど紫外線B波を受けなくなるというわけではなく、日焼けするまでの時間をどれだけ延ばせるかなので、自分が外にいる時間にあったSPF値の日焼け止めを買うのがおすすめです!

PAの意味と効果

PAとは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略称です。

こちらは主に、皮膚を黒くしたりシミやシワを作る原因となる紫外線A波から守ってくれるもので、+が多いほど効果は強力になります。

SPFに比べてPAは直接的に紫外線A波に対する防御力を高めることができるもので、強さは「PA+、PA++、PA+++、PA++++」の4段階あります。

こちらは時間ではなく、効果そのものが+の数に応じて強力になるため、SPFよりもPAの+の多いものを選んだほうが良さそうです!

スポンサーリンク

日焼け止めのおすすめの選び方

ここまでSPFやPAの意味などを紹介しましたが、いざ日焼け止めを買う時にはどれくらいのものを選べば良いのでしょうか?

SPFは数値が、PAは+が多いほど効果は強力ですが、とにかく高ければ高いほど良いというわけではありません。

確かに効果は強力にはなりますが、その分少なからず肌への負担も大きくなってしまいます。

そのため場面に応じた効果のものを買うのがおすすめなので、場面ごとにおすすめなSPF・PAをまとめました!

SPF PA 場面
20 + 日常生活(買い物や散歩など)
30 ++ 野外での活動や軽いスポーツ
40 +++ 海やリゾート地など
50(50+) ++++ 炎天下でのレジャーやマリンスポーツ

日常生活を送っている時、室内にいても紫外線は窓を透過してくるほか、曇りの日でも紫外線は降ってくるので、注意が必要です。

またSPF40・PA+++以上であれば、炎天下の野外であっても十分対策できるレベルになってきます。

肌への負担も考えて、自分の使用用途に合った効果の日焼け止めを選んで買うようにしましょう!

まとめ

以上、日焼け止めのSPFやPAの意味や効果は何かとおすすめの選び方も紹介しました。

SPFは紫外線B波対策で、数値が大きいほど日焼けするまでの時間を延ばすことができます。

またPAは紫外線A波対策で、+が多いほどより紫外線を防ぐことができます。

とはいえ数値が高い・+が多ければより良いというわけではなく、効果が強い分少なからず肌への負担も増えるため、用途に合ったものをしっかりと選ぶようにしましょう!

自宅にいる時や曇りの時でも紫外線は降り注ぐので、SPFやPAが少し低めのものを家に居る時や買い物の時にも付けておくと良さそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)