アイスクリームとソフトクリームの違いは何?定義なども紹介

Pocket
LINEで送る

ソフトクリーム

アイスクリームもソフトクリームもどっちもアイスだけど何が違うの?

確かにどちらも夏場暑くなってきたら食べる定番のスイーツですが、具体的にどのような違いがあるのかって分からないですよね。

なんとなく形や味に違いがあるというだけでなく、しっかりとそれぞれに違いがあるので、今回はそれを紹介していきたいと思います!

それぞれちゃんと特徴があって違うので、ぜひこの記事を参考にして覚えて、学校や職場などでの話題にしてくださいね。(笑)

アイスクリームとソフトクリームの違いとは?

はてな

どっちもいわゆる”アイス”として呼ばれるものですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

アイスクリームとソフトクリームの違いは、ズバリその保管温度に違いがあります!

アイスクリームは-25~30℃・ソフトクリームは-5~7℃で保管されています。

とはいえアイスクリームもスーパーなどのお店では-18℃以下で保管されているので、必ずしもこの条件を満たしていないからアイスクリームではないということはありません。

また具体的に定義などされているわけではありませんが、「見た目・口当たり・風味」などにも違いがあります。

より詳しく知るために、アイスクリームとソフトクリームの特徴をそれぞれ以下にまとめてみました!

アイスクリームとは

世間一般でアイスクリームと呼ばれているものは、元々はアイスクリーム類といくつかの種類をまとめたものの総称です

アイスクリーム類は「アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス」に分類されて、この3種類をまとめて一般的にアイスクリームと呼んでいます。

元々はアイスクリームもソフトクリームのような柔らかいクリーム状をしていますが、それを容器に詰めて-30℃で急速に固めます。

低温で固める工程がある分ソフトクリームに比べてアイスクリームは硬く、しっかりとした食べ応えを感じられるようになっています。

ソフトクリームとは

ソフトクリームはアイスクリームとは違い、材料の差などで分類されることはなく、その違いは保管温度によるもの

ですがソフトクリームはアイスクリームのうちの1つであるとも考えられています。

アイスクリームとは違い、低温で固める工程がないので、口当たりが軽くなめらかなアイスを楽しむことができます。

そのためアイスクリームに比べてよりミルキーな味わいを楽しめるのがソフトクリームなので、牧場などでよく販売されているのはソフトクリームなんですね!

コーンはトウモロコシのコーンじゃない!

アイスコーン

ところでアイスクリームの持ち手となるコーンって、トウモロコシのコーンじゃないのは知ってましたか?

トウモロコシは「corn」ですが、アイスのコーンの綴りは「cone」で、円錐(えんすい)という意味を持っています。

本来の発音としては「コウン」のが近いのですが、「コーン」とカタカナ表記されているので、トウモロコシと勘違いされてしまうことも多いようです…(笑)

まとめ

以上、アイスクリームとソフトクリームの違いは何かと定義なども紹介してきました。

実はそれぞれ原料などによる違いは定義されておらず、保管温度による違いのみ

もちろん味や見た目などにも違いはありますが、それらは定義されていないため、作る工程で冷却して固めるかどうかが大きな違いになるようです。

やはりソフトクリームは”ソフト”というだけあって、アイスクリームよりも柔らかく、口の中でとろけるのが特徴。

アイスクリームはしっかりと冷却して固める分、食べ応えのあるアイスになっていたということだったんですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す