アイスクリームやアイスミルク・ラクトアイスの違いは?種類別に定義も

アイスクリーム

あなたがいつも食べているアイスクリームは、本当にアイスクリームですか?

実は一般的にアイスと呼ばれているものはいくつかの種類に分けられるようで、実はアイスクリームと呼べるのはある一定の条件を満たしたものだけなのです!

今回はアイスクリームの種類一覧と定義やそれぞれの代表的なアイスを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

どのアイスならダイエットに向いているのか、なども判断できるので、特に女性の方は必見です!

アイスクリームやアイスミルク・ラクトアイスの違いは?

疑問

ひとえにアイスクリームといってもいろいろな種類のものがありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

結論から言うと、その製品に含まれている乳固形分と乳脂肪分の量によって違いがあります!

名称 乳固形分 乳脂肪分
アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上
ラクトアイス 3.0%以上
氷菓

上記の表は厚生労働省が決めているアイスクリームの種類別の名前で、氷菓は乳固形分がラクトアイスよりも低い、もしくは入っていないものを呼びます。

ちなみに氷菓は食品の分類上、アイスクリーム類には含まれないので、氷菓についての詳しい説明は別記事にて紹介しているので、ぜひそちらも合わせてご覧ください♪

そのためアイスクリーム類の中では、アイスクリームが一番濃厚で、ラクトアイスは一番さっぱり食べられるアイスというわけです。

それではそれぞれの特徴や代表的なアイスなどを紹介していきたいと思います!

※現在編集中

アイスクリームとは

アイスクリームとは食品衛生法で、乳固形分15%以上で乳脂肪分8%以上という条件を満たすものとされています。

アイスの種類の中では一番コクやミルクの風味が強く、口当たりが良くなめらかなものとなっています。

市販されている“アイスクリーム”の代表といえばハーゲンダッツで、31アイスクリームなどもこれに属しています。

アイスミルクとは

続いてアイスミルクとは食品衛生法で、乳固形分10%以上で乳脂肪分3%以上という条件を満たすものとされています。

アイスクリームとラクトアイスの中間に位置していて、アイスクリームほど濃厚ではないけれど、ラクトアイスほどあっさりし過ぎていないのがアイスミルクの特徴です。

市販されている“アイスミルク”の代表といえばチョコモナカジャンボで、雪見だいふくなどもこれに属しています。

ラクトアイスとは

最後にラクトアイスとは食品衛生法で、乳固形分3%以上(乳脂肪分は定義無し)という条件を満たすものとされています。

アイスの種類の中では一番さっぱりしていて、濃厚なミルクの風味が苦手な人でも食べやすいアイスとなっています。

市販されている“ラクトアイス”の代表といえばクーリッシュで、スーパーカップや爽などもこれに属しています。

ダイエット中におすすめのアイスの種類

ダイエット

ダイエット中だけどアイスを食べたい…でもダイエット中にアイスだなんてそんな罪なことできない!

そんな風に考えているダイエット中の方いるんじゃないでしょうか?

アイスはダイエットの敵!という考えはもう古いので捨ててください!(笑)

一番ダイエットに向いているのはカロリーの低い氷菓が一番おすすめ!ではありません!

実は一番ダイエットに向いているのは、乳脂肪分12%くらいのバニラアイスがおすすめで、ハーゲンダッツやトップバリューのバニラアイスがおすすめです。

アイスクリームを食べて効率的にダイエットを行う方法も紹介しているので、ダイエットしたい方はぜひこちらの記事も合わせてご覧ください♪

※現在編集中

まとめ

以上、アイスクリームやアイスミルク・ラクトアイスの違いや定義とそれぞれの代表的なアイスなどを紹介してきました。

今までアイスクリームだと思って食べていたけど、分類上はアイスクリームではない商品って結構たくさんあるんですね。

というよりむしろアイスクリームとしての条件を満たしているアイスはあまり多くなく、ハーゲンダッツなど濃厚さを感じられるようなアイスが分類されていました。

またダイエット中の方はアイスの種類を選んで購入することで、効率的にダイエットをすることができるので、アイスを買いに行く際にはぜひ注意してみてみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)