氷菓とアイスクリームの違いは?ダイエットに向いているのかも紹介

氷菓

シャーベットやジェラートって、アイスクリームに分類されないって知っていましたか?

なんとなくガリガリ君やアイスボックスなどがアイスクリームではなく、氷菓なのはわかりますが、具体的に何が違うのかはよく分からないですよね。

今回はそんな氷菓とアイスクリームの違いは何かと、カロリーの低い氷菓はダイエットに向いているのかも紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

特に女性の方はアイスの選び方を変えるだけでダイエットにつなげられるので、ぜひ最後まで見てくださいね^^

スポンサーリンク

アイスクリームと氷菓の違いは何?

疑問

それではアイスクリームと氷菓の違いは何なのでしょうか?

結論から言うと、その製品に含まれている乳固形分の量の違いによって分類されます。

またそもそも氷菓はアイスクリーム類には含まれていないので、食品としてアイスクリームとは別の物とされています。

乳固形分や乳脂肪分の違いによって、アイスクリームはどのように分類されているのか、詳しくはこちらの記事を参考にしてください!

アイスクリームとは

まずアイスクリームとは、食品衛生法で乳固形分15%以上で乳脂肪分8%以上の条件を満たしているものを指します。

氷菓と比較して”アイスクリーム類”としてみるなら、乳固形分3%以上(乳脂肪分は定義無し)を満たしているものが、アイスクリーム類に分類されます。

アイスクリーム類の具体的な商品で言えば、ハーゲンダッツをはじめ、チョコモナカジャンボや爽などがいわゆるアイスクリームになります。

氷菓とは

では対して氷菓ですが、乳固形分が3%未満もしくは含まれないものが氷菓に分類されます。

市販されている“氷菓”の代表といえばガリガリ君で、ほかにはアイスボックスなどのまさに氷を感じられる商品がそれに含まれます。

シャーベットやジェラートと言われるものも氷菓に分類されていて、アイスクリームに比べて氷菓はカロリーが控えめです。

スポンサーリンク

氷菓はダイエットに向いているの?

ダイエット

それではアイスクリームに比べて比較的カロリーが控えめな氷菓は、はたしてダイエットに向いているのでしょうか?

結論から言えば、いくらカロリーが控えめだからとはいえ、ダイエット中であれば食べないに越したことはありません

とはいえダイエット中にどうしてもアイスが食べたくなってしまった場合には、氷菓を選ぶというのは大切なポイントです。

ですが実は氷菓よりもカロリーの高いアイスクリームがダイエットを効率的にさせてくれるってご存知でしたか?

アイスクリームを食べて効率的にダイエットする方法をこちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひこちらも合わせてご覧ください♪

※現在編集中

まとめ

以上、氷菓とアイスクリームの違いは?ダイエットに向いているのかも紹介しました。

氷菓はそもそもアイスクリーム類とは違うものとして分類されていて、かき氷系やシャーベット・ジェラートなどが氷菓になります。

アイスクリームに比べるとカロリーが控えめなので、女性にとっては嬉しいアイスとなっています。

とはいえ含まれる乳固形分の量などが少ないので、ミルク感を味わいたいなら氷菓ではなくアイスクリームを食べるのがおすすめ。

カロリーを取るなら氷菓・ミルク感を取るならアイスクリームといった感じで、アイスを選び分けると良さそうです!

ピンスポではコンビニで販売されているおすすめアイスなどをたくさん紹介しているので、ぜひこちらも合わせてご覧ください♪

ハーゲンダッツの人気おすすめフレーバーランキングTOP5

2018.05.22

ワッフルコーンアイスはどのコンビニが一番美味しいのか徹底比較

2018.05.22

セブンイレブンの美味しいおすすめアイスランキングTOP5

2018.05.22

【2018年版】ローソンの美味しいおすすめワッフルコーンアイスランキング

2018.05.21

【2018年版】ファミマの美味しいおすすめアイスランキングTOP5

2018.05.21
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)