シャーベットとジェラートの違いは?ソルベやアイスクリームとも比較

Pocket
LINEで送る

ジェラート

シャーベットやジェラートってどっちも冷たくて美味しいスイーツですが、それぞれどのように違いがあるのかって分からないですよね…

またこれらに似たものにソルベなんかもありますが、どのように定義されて違いがあるのでしょうか?

今回はシャーベットやジェラート・ソルベのそれぞれの違いなどを紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

実はアイスクリームよりもシャーベットやジェラートのほうが女性にはおすすめの理由もあるので必見です!

シャーベットとジェラートの違いは何?

疑問

シャーベットとジェラートはどちらも暑い夏場にはとっても美味しいさっぱりとしたアイスですが、どのような違いがあるのでしょうか?

それぞれ何から作られているかに違いがあって…


シャーベット:フルーツジュースやフルーツのピューレを凍らせたものから

ジェラート:果汁・果肉・牛乳・砂糖などを混ぜた物を凍らせたものから

ソルベ:ほぼシャーベットと一緒だが、ラムやリキュールなどのお酒も入れている

という違いがあるようです!

またアイスクリームとの違いですが、そもそも食品衛生法で、アイスクリームと氷菓で分類が異なります

詳しくはこちらの記事で紹介しているので、ぜひこちらも合わせてご覧ください♪

シャーベットとは

シャーベットとは、甘くしたフルーツジュースまたはフルーツのピューレを凍らせて作る氷菓のことを指します。

またシャーベットの語源は、アラビア語で細かい氷の入った飲み物を指す”シャルバート”から来ているそうです。

ちなみにオーストラリアやニュージーランドでは、シャーバートと呼ばれることもあるそう。

ジェラートと比べると乳脂肪分が少なめで、より果物の味が主体でさっぱりしているのが特徴!

ジェラートとは

ジェラートとは、果汁、果肉、牛乳、砂糖、時にはコーヒーや香草などを混ぜた物を凍らせて作る氷菓のことを指します。

またジェラートの語源は、イタリア語で凍ったという意味から来ているそうで、見た目通りの名前となっています。

乳脂肪分は4~8%とアイスクリームに比べると約半分以下となっていて、さっぱりしていて低カロリーなのが特徴。

またアイスクリームに比べて、空気の含有量が35%未満と密度が高く、味にコクがあります

ソルベとは何が違うの?

疑問

シャーベットやジェラートに似たものとして、”ソルベ”がありますが、これは一体何が違うのでしょうか?

ソルベとは、英語のシャーベットをフランス語で読んだものがソルベになるようです。

そのためシャーベットとソルベは似た意味合いを持った言葉となっています。

ですが語源が同じとはいえ違いがあるようで、ソルベにはラムやリキュールなどのお酒が含まれていたり、乳脂肪分を含まないものをソルベと呼んだりするそうです。

とはいえ乳脂肪分を含まない、またはお酒を使用しているシャーベットもあるので、明確な違いは定義されていません

まとめ

以上、ジェラートとシャーベット・ソルベの定義などの違いを紹介しました。

それぞれアイスクリーム類ではなく氷菓という点では同じ分類でしたが、何を素にに作っているかで違いがあります!

またソルベについては、明確にシャーベットと区別する定義はないものの、ラムやリキュールなどのお酒を使用したものを呼ぶようです。

ジェラートやシャーベットは、アイスクリームに比べて乳脂肪分が少ないため、カロリーが控えめでダイエットをしている方や女性には嬉しいアイスとなっています。

ダイエット中であればカロリーが低いものを選ぶのは大切なので、氷菓系のアイスを選んで買うのがおすすめです!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す