カフェオレとカフェラテの違いは?ダイエットにおすすめなのはどっちか

カフェオレ

飲食店だけでなく、コンビニやスーパーなどでもたくさんの種類が販売されているコーヒー。

特に飲みやすいミルクの入ったコーヒーはたくさん販売されていますね。

ところで皆さん、「カフェラテ」と「カフェオレ」はどのように違いがあるのかご存知でしょうか?

似ている2つですが、実はカロリーもかなり違うので、ダイエット中の方は正しい方を選ばないと後悔するかも…!?

この記事では、カフェオレとカフェラテの違いや、ダイエットにおすすめなのがどっちかも紹介していきます!

カフェオレとカフェラテの違いは?

疑問

カフェオレとカフェラテ…見た目も似ている2つは、どのように違いがあるのでしょうか?

どっちもミルク入りのコーヒーですが、実はコーヒーそのものが違うのです!

他にも違いがいくつかあるので、表にまとめてみました!

カフェオレ カフェラテ
発祥 フランス イタリア
コーヒーの種類 ドリップコーヒー エスプレッソ
ミルクの量
(コーヒー:ミルク)
5:5 2:8
ミルクの温め方 鍋で温める 蒸気で温める

カフェオレとカフェラテの大きな違いは、コーヒーの種類。

カフェオレは普通のドリップ式のコーヒーなのに対し、カフェラテは専用のマシンで作る濃いコーヒーであるエスプレッソを使用しています。

またミルクとコーヒーの量もそれぞれ違うため、甘さや味わいも違ってきます。

同じミルク入りコーヒーでも細かいところに違いがあるんですね。

それではカフェオレとカフェラテをより詳しく説明していきます!

カフェオレとは?

カフェオレ

カフェオレはドリップコーヒーにミルクを注いだ、いわゆるコーヒー牛乳!

フランス発祥の飲み物で、カフェオレの「オレ」はフランス語で牛乳を意味します。

エスプレッソ抽出ではなく、ドリップ抽出した濃いめのブレンドコーヒーにミルクを加えています。

コーヒーとミルクの割合はほぼ半分ずつの5:5で、すっきりしていてほどよくマイルドで飲みやすいです。

コーヒーの量が多いためカフェイン含有量も多いので、カフェインの量を気にしている方は注意しましょう。

スポンサーリンク

カフェラテとは?

カフェラテ

カフェラテはエスプレッソにスチームミルクを入れたもの!

イタリア発祥の飲み物で、カフェラテの「ラテ」はイタリア語で牛乳を意味します。

エスプレッソ抽出したコーヒーに、蒸気で温めたスチームミルクを加えて作ります。

コーヒーとミルクの割合は2:8とミルクが多めですが、エスプレッソ自体が濃いめなので、コクやほろ苦さがあり、見た目よりも甘すぎないのが特徴です。

コーヒーの後からミルクを注ぐので表面にミルクが残っていることが多く、表面が泡立っているのでラテアートも楽しめます

ダイエットにおすすめなのはどっち?

ダイエット

カフェオレとカフェラテの違いを紹介してきましたが、カロリーに違いはあるのでしょうか?

カップ1杯あたりのカロリーの目安としては、カフェオレは約128kcal、カフェラテは約168kcalとなっています。

一般的には、カフェラテのほうがカロリーは高くなりがちです!

というのも、カフェラテはカロリーの高い牛乳のほうがコーヒーよりも割合が高いので、結果的に高カロリーとなってしまいます。

そこに砂糖やガムシロップを入れると、さらに高カロリーとなってしまうので注意が必要です。

どっちもダイエットにあまり向いている飲み物ではありませんが、どっちかを飲みたいならカフェオレにするのがおすすめです!

まとめ

以上、カフェオレとカフェラテの違いや、ダイエットにおすすめなのはどっちかを紹介しました!

カフェオレとカフェラテは、主にコーヒーの種類やミルクとの割合が違います!

発祥した国もそれぞれ違い、カフェオレは普通のコーヒー、カフェラテはエスプレッソを使用しています。

味わいに関してはカフェオレのほうがすっきりしていて、カフェラテのほうがコクや苦みが感じられるのが特徴。

牛乳の割合が多いカフェラテのほうが高カロリーになりがちなので、ダイエット中の方はカフェオレを選ぶのがおすすめ!

どっちもコーヒー牛乳でよく似ていますが、実は細かいところに違いがあるので知らない人がいたら話してみてくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)