チャーハンと焼き飯の違いはなに?ピラフとの差についても紹介

チャーハン

中華料理の中でも美味しくて人気のチャーハン!

ご家庭でもご飯がたくさん余ったときなどに作る方も多いのではないでしょうか。

同じようにご飯を炒める料理に焼き飯がありますが、チャーハンと焼き飯はなにが違うんでしょうか?

またピラフなんかもチャーハンなどに似ている存在ですよね。

というわけで今回は、チャーハンと焼き飯の違いや、ピラフとの差についても紹介していきます!

チャーハンと焼き飯の違いはなに?

疑問

チャーハンと焼き飯はいったい何が違うんでしょうか?

違いを以下の表にまとめてみました!

チャーハン 焼き飯
発祥 中国 日本
卵を入れる順番 最初 最後
味付け 塩・コショウ、醤油など 醤油、ソースなど
調理 フライパン 鉄板

チャーハンと焼き飯の大きな違いは、卵を入れる順番!

チャーハンは最初に、焼き飯は仕上げに卵を加えているようです。

とはいえチャーハンと焼き飯は厳密な区分をされておらず、正確な定義は明らかではありません

西日本では、中華料理屋で食べるのがチャーハン、家庭で作るのが焼き飯と区別することもあるんだとか。

提供されるお店によってはチャーハンを焼き飯と表記していたり、その逆もあるようです。

チャーハンとは?

チャーハン

チャーハンは、ご飯を様々な具・卵と共に油で炒めた中華料理!

パラパラとしているのが特徴で、味付けは主に塩・コショウや醤油が多いですね。

焼き飯との大きな違いは、卵を先に入れてからごはんを炒めるというところ。

シンプルながらも素人がパラパラに作ることは難しく、奥が深く難しい料理ですよね。

スポンサーリンク

焼き飯とは?

焼き飯

焼き飯は、ご飯と様々な具を油で炒め、仕上げに卵を加える料理!

関西で親しまれており、卵を入れてからご飯を入れて炒めるチャーハンに対し、焼き飯は卵を最後に加えます

本来は鉄板で作る料理で、炒めるというよりはその名の通り焼くイメージなので、意識しておこげを作る傾向があるそうです。

お店では醤油などで味付けされることが多いですが、家庭料理としての焼き飯はソースで味付けすることが多く、卵を入れないで作られることもあるんだとか。

ピラフとは何が違う?

ピラフ

同じようなご飯を炒めた料理にピラフがありますが、チャーハンや焼き飯とは何が違うんでしょうか?

チャーハンと焼き飯は最初から炊き上がったご飯を使いますが、ピラフは生米を炒めてから最後にスープを加えて炊き上げます!

トルコ料理の「ピラウ」が起源となった西洋料理で、日本では洋風炒めご飯とも言われています。

味付けは鶏がらスープの味がベースとなり、バターの風味と塩・コショウが加わります。

家庭料理としては炊き上がったご飯を使うピラフのレシピもあり、その場合はコンソメやカレー粉、ケチャップなどで味付けされることが多いです。

まとめ

以上、チャーハンと焼き飯の違いや、ピラフとの差についても紹介しました!

チャーハンと焼き飯の違いは、卵を入れる順番!

チャーハンはご飯よりも前、焼き飯は最後の仕上げに卵を入れるというところに違いがあります。

とはいえ明確な違いの定義はないため、提供するお店によってはチャーハンを焼き飯と呼んでいたりもするそう。

またチャーハンや焼き飯と違い、ピラフは生米を炒めてからスープで炊き上げるという作り方に差があるようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)