ネックレスとペンダントの違いはなに?チョーカーとの差も紹介

ネックレス

身に着けるだけでアクセントになるネックレスやペンダントは、雰囲気をがらりと変えてくれますよね!

ところで皆さんは、ネックレスとペンダントは何がどう違うのか知っていますか?

今は女性だけでなく男性でもおしゃれとして身に着けている人もいますが、男女問わず明確に違いを答えられる人はあまりいないはず

ということで今回は、ネックレスとペンダントの違いについて調べてみました!

またネックレスやペンダントと同じように首につける、チョーカーとの違いについても紹介していきます。

ネックレスとペンダントの違いはなに?

疑問

ネックレスとペンダントは、何がどのように違うのでしょうか?

明確な違いとしては、ペンダントトップと呼ばれる装飾品があるかどうか!

ペンダントはチェーンの先端にペンダントトップと呼ばれる装飾品が付き、ネックレスはそれが無いものを指します。

ネックレスはチェーンのみであったり、逆にチェーン全体が装飾品になっているものなど幅広いです。

ただし実際には、ネックレスとペンダントの違いは曖昧にしているところが多いようです。

そのため、明らかに見た目がペンダントのものでも、商品名はネックレスと呼ばれたりしていることも。

ネックレスとは?

ネックレス

ネックレスは、首周りにつけるアクセサリーの総称を指します!

チェーン以外に何も装飾がないものや、全体に装飾があるものをネックレスと指すことが多いです。

そのため、冠婚葬祭などでよく身につけられる、真珠が連なった形状のものはネックレスに部類します。

先端に装飾があるペンダントと違って、身に着けるとU字になるのが特徴です。

ペンダントとは?

ペンダント

ペンダントは、ネックレスにペンダントトップと呼ばれる装飾が付いているもののことを指します!

細いチェーンの先端に装飾がつくため、身につけるとV字になるのが特徴です。

ペンダントトップの大きさは様々ですが、全体的にペンダントはネックレスよりも目立ちにくくシンプルなものが多いです。

ペンダントの語源は、「ぶら下がる・吊り下げる」を意味する「pend」が語源だと言われており、天井からぶら下がった照明器具なんかもペンダントライトと呼びますね。

チョーカーとはどう違う?

チョーカー

ネックレスとペンダントと同じように、首につけるアクセサリーにチョーカーというものもありますよね。

チョーカーは、首にぴったりと巻き付ける短いネックレスのことを指します!

正式にはチョーカーネックレスと呼ばれる、ネックレスの一種なんですね。

ネックレスは厳密には長さによって様々な呼び方をするのですが、その中でも一番短い35~40cmのものがチョーカーです。

レザーやリボンなど素材や形も様々で、カジュアルからフォーマルまで様々なシーンに合わせやすいのが魅力です。

まとめ

以上、ネックレスとペンダントの違いや、チョーカーとの差を紹介しました!

ネックレスは首につけるアクセサリーの総称で、ペンダントは先端にペンダントトップがついているネックレスを指します!

とはいえこの2つの違いは今は曖昧で、ブランドやお店によっては明確に分けてはいないようです。

身につけたときにネックレスはU字、ペンダントはV字になるというのが、筆者としては覚えやすいポイントではないかと思います。

またチョーカーはネックレスの一種で、首にぴったりと巻き付く短いタイプのものを指します。

カジュアルからフォーマルな場面まで様々なところで役立ってくれるアクセサリーなので、特に女性はこれらの違いをしっかり覚えておくと良さそうです♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)