地毛の髪が茶色くなる原因や理由は?生まれつきの遺伝についても

茶髪

地毛の髪の毛が茶色いと学校では校則に引っかかったりしてしまったりと何かと面倒だったりすることありますよね。

また元々の地毛が黒色でもだんだんと髪の毛が(部分的に)茶色くなってきた!なんて経験ある方も多いんじゃないでしょうか?

実は後から髪の毛が茶色くなってきた人は、危険信号かもしれないので、ぜひ対処法などもしっかりと覚えていってくださいね!

地毛の髪が茶色くなる原因や理由

疑問

髪の毛が茶色い人たちには、


・後から髪の毛が茶色くなった
・元々(生まれつき)髪の毛が茶色
・髪の毛を茶色に染めた

主にこの3パターンの人が居ると思いますが、今回は自分の意志とは関係のない、後から髪の毛が茶色くなったパターンと元々(生まれつき)髪の毛が茶色のパターンに注目してみたいと思います!

生まれつき茶色かったのか、後から茶色くなったのかでは理由や原因に違いがあるので、それぞれ簡単にまとめてみました。

元々地毛が茶色い原因や理由

それではまず元々(生まれつき)地毛が茶色い理由や原因は何でしょうか?

やはり先天性の場合に一番に考えられるのは両親や祖父母からの遺伝です!

もちろん親族の中に海外の方がいればその人からの遺伝だと分かりますが、親族に海外の方がいなくても髪の毛が茶色くなることはあります。

これは生まれながらに持つメラニン色素の量が異なるから地毛が明るい色になるというわけです。

徐々に地毛が茶色くなる原因や理由

では元々は黒髪だったのに髪の毛がだんだん茶色くなる原因や理由は何があるのでしょうか?

生まれつき地毛が黒色でも後天的に茶色くなる原因としては、「加齢」「ストレス」「髪へのダメージ」が主な理由として挙げられます。

特に神へのダメージという点では、いくつかの原因が考えられるので、そうなった場合の対処法と一緒に紹介していきたいと思います。

紫外線を浴び過ぎた

髪の毛へのダメージとして一番に考えられるのが、日光などに含まれる紫外線によるものです。

髪の毛は紫外線を吸収しやすい性質をしているので、日に日にそのダメージを蓄積してしまう恐れがあります。

紫外線への対処・予防法

髪の毛は紫外線の影響を受けやすいので、日頃から髪の毛が紫外線を受けないようにすることが大切になってきます。

また夏場や晴れの日以外でも紫外線は降り注いでいるため、外出する際には日傘をさしたり、帽子をかぶったりすることで、ダメージを軽減することができます。

ドライヤーの当てすぎ

髪の毛をしっかりとドライヤーで乾かすことは、髪の毛を茶色くしないためにも大切なことです。

ですが温風を一か所に当て続けてしまうと髪にダメージを与えて、逆効果になってしまいます。

ドライヤーでの対処・予防法

お風呂上りなどに髪の毛を乾かさずにいると髪に負担がかかり、髪の毛が茶色くなる原因になってしまいます。

そのため髪の毛はしっかりドライヤーで乾かす必要がありますが、この時温風を一か所に当て続けないようちゃんと動かしながら乾かすようにしましょう。

また髪の毛を乾かし終えた後も大事で、冷風を吹きかけることで髪の毛の保湿効果を高めることができるので、髪の毛が茶色くなる予防をすることができます。

プールの塩素で褪色した

プールの塩素は皮膚だけでなく髪の毛にも悪影響を及ぼして、髪の毛の黒色を褪色させてしまいます。

特に水泳部の人やジムなどでプールに入る機会の多い人は、プールに入った後しっかりと対処することが大切です。

毎日プールに入るインストラクターの方などで、髪を染めたのかな?と周りから思われるほど褪色してしまうこともあるそう…

プールで褪色しない対処・予防法

まず一番大切なのはプールから出た後にしっかりと髪の毛を洗うことです!

水500mlにレモン1/5個の果汁を入れたレモン水で髪を洗うことで、アルカリ性に偏った髪を中和することができるのでおすすめ。

また乾いた髪の毛でプールに入るのではなく、プールに入る前に塩素の入っていない水で髪の毛を濡らしておくことでも予防できます。

髪の毛が茶色くなると起こる問題

茶髪ボサボサ

元々黒色だった地毛が茶色くなるだけでも人によっては十分に問題ですが、髪の毛が茶色くなることでどのような問題が起こるのでしょうか?

まず髪の毛が茶色くなるということは、メラニン色素の量が少くなった(元々少ない)ということになります。

そしてこのメラニン色素は、紫外線から頭皮を守ってくれる役割を果たしてくれるため、メラニン色素が少ないとダメージを受けやすくなってしまいます。

そうなってしまうと抜け毛や薄毛の原因にもなってくるので、髪の毛が薄くなってしまう前兆かもしれないので注意が必要です!

髪の毛が茶色くなった時の対処法

カラーリング

それでは元々髪の毛が黒色だった人が茶色くなってしまった人はどのように対処すれば良いのでしょうか?

まず髪が茶色くなるということは、髪がダメージを受けている状態なので、よりダメージを与えてしまうカラーリングは控えておいたほうが良いでしょう。

またそのほかにも髪が茶色くなる原因(パーマや不規則な生活習慣)があるなら、それをなくすことに徹底するのがおすすめ!

地道ではありますが、今後髪が茶色くなることも防げるので、髪にダメージを与えないようケアすることが大切です。

地毛が明るい場合、学校や就職ではどうしたら良いのか?

疑問

地毛が明るい色だと学校では黒髪に染めるよう強要されたり、就職では写真などで判断されてしまうことも…

自分の問題ではないのにも関わらず、“髪の毛の色が明るいから”という理由で勝手な判断をされてしまうのは悲しいですよね。

それぞれ学校での対策と就職時での対策を簡単にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

学校での対策

最近の学校では、「地毛証明書」というものの発行を求めるところも増えてきているそうで、言葉で伝えるよりも確実に地毛が明るいことを伝えることができます。

学校などによっては決められた書式のものもあるようですが、家で発行することもできたり費用がかからなかったりと簡単に用意できるのが特徴です。

特に高校への入学時などに地毛証明書を用意しておけば、不要に勘違いからくる生徒指導などを受けなくて済むようになるので、ぜひ利用してみてください!

就職時での対策

自分の今後の人生にかかわるような就職では、しっかりとできる対策をしておいて損はありません。

一番は面接書類の備考欄に地毛が明るいことを記載しておくのが大切です。

周囲の理解を得られているようであれば、親や担任の先生などに一言添えてもらえるようお願いするのも良いでしょう。

まとめ

以上、地毛の髪が茶色くなる原因や理由と生まれつきの遺伝かどうかについても紹介しました。

元々地毛が茶色い人は主に遺伝、後から茶色くなった人は加齢やストレスが理由になっていることが分かりました!

生まれつき地毛が茶色い人はなにも問題ありませんが、後天的に髪の毛が茶色くなった方は薄毛の前兆かもしれないので注意が必要です。

とはいえ生まれつき地毛が明るい色だと学校や社会で勘違いされてしまうこともあるので、地毛証明書などを上手く活用すると不要に勘違いを生まずに済みそうですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)