【最新版】早く手の爪を伸ばす方法と伸びるスピードを紹介

Pocket
LINEで送る

伸ばしていた爪がかけてしまったり、思わず深爪してしまうことありますよね。

爪はガタガタになるし、見栄えもあまり良くない。

早く伸ばしたい気持ちは募りますが、実は爪の伸びるスピードは様々あるようです。

そこで今回は、早く手の爪を伸ばす方法と伸びるスピードなども紹介していきます。

爪の成分について

皆さんは爪が何でできているか、成分を知っていますか?

多くの人は「カルシウム」と思っている方も多いとは思いますが、実は爪はケラチンと言うタンパク質(皮膚の一部が角質かしたもの)でできています。

他には水分や脂肪なども含まれ、これらの成分の摂取があまりにも低いと、健康的な爪が伸びてこなくなったり、爪が伸びにくくなったりするそうです。

爪を早く伸ばす方法

手の爪を早く伸ばす方法はいくつかありますが注意点として、爪を噛まないことと、爪をむしらないこと!

二枚爪になっていたり、かけていたりしても、むしらずヤスリで整えるよう注意してください。

それでは、下記で爪を早く伸ばす方法を紹介していきます。

保湿ケア

爪を早く伸ばす方法に、とっても大事なことで、日頃のケアでも取り入れていただきたいハンドクリームでの保湿ケア。

保湿ケアを怠ると、すぐに爪が割れてしまったり、二枚爪になりやすく爪のトラブルが多くなってしまいます。

手荒れがなくてもしっかりと手を保湿するようにしましょう。

またハンドクリームを塗る時はしっかりと爪も保湿できるよう、手から指先まで塗ってくださいね。

マッサージをする

足の爪よりも手の爪の方が伸びるのが早いと言われていますが、その理由は手の指先を動かすことが多いからなんだそうです。

手や爪のマッサージをすると爪が早く伸びるとも言われています。

爪の根元には爪を作る爪母(そうぼ)と言う場所があり、そこを数秒間キューティクルオイルやハンドクリームを塗ってマッサージしてみましょう。

血行が良くなり栄養分が爪にしっかりと行き届き、爪が伸びるのが早くなります。

手袋をする

除光液や洗剤などは爪に大敵!

洗剤は爪の水分や油分をとってしまうので、爪を早く伸ばしたいのであれば、ゴム手袋などをして洗い物をしてください。

また同様に除光液も爪にとってあまりよくないので、早く伸ばしたい時はなるべく除光液を使わないよう気をつけてくださいね。

食生活の改善

爪を乾燥から守るためには、食生活も大事になってきます。

まず、乾燥を防ぐためにたくさんの水分をとる。

この時、お茶やコーヒなどカフェインの入っているものは水分を排出してしまうので飲まないよう、麦茶や水などを飲みましょう。

また、爪に重要なたんぱく質の元となる肉や、乳製品、卵、大豆製品などもしっかり取り偏った食生活を改善しましょう。

規則正しい生活

体にとっても爪にとっても大事なことですが、まずは規則正しい生活をすること。

しっかり睡眠を取り、新陳代謝を良くするために適度に運動をして、バランスの良い食事をとる。

さらに、ゆっくりとお風呂に入ったり、ストレスを発散したりするのもとても良い方法です。

全てやるのは難しいかもしれませんが、できそうな部分だけでもしてみると、爪が早く伸びるかもしれません。

手の爪の伸びるスピード

手の爪は健康な人で1日に0.1mm伸びてきますが、年をとるにつれて伸びるスピードが遅くなると言われています。

冬よりは夏の方が爪の伸びるスピードが早く、足の爪より手の爪の方が伸びるのが早いとも言われているそうです。

また、個人差はありますが指によっても、伸びてくるスピードが違い、一般的に伸びるのが速い順に人差し指・中指・薬指・親指・小指のになっているそうです。

まとめ

早く手の爪を伸ばす方法と伸びるスピードを紹介していきましたがいかがでしたか?

早く手の爪を伸ばす方法は様々ありましたが、まずは規則正しい生活をして、爪や手のケアをすることが重要です。

手の爪の伸びるスピードは1日に0.1mm、一ヶ月で3mm伸びる計算になります。

また年齢や季節によっても伸びるスピードは変化していきますので、早く爪を伸ばしたい場合は規則正しい生活とマッサージを忘れずに!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す