2月が28日までしかない理由!短いのはなぜか調べてみた

 

「あれ?今月のバイト代なんか少ないな…あ、そうか2月だからか」

こんな経験はないでしょうか。

30日と31日での1日差は珍しくありませんが、2月が28日までというのはあまりに短いのではないでしょうか。

4年に一度は閏年で2月29日が登場しますが焼け石に水。

なぜ2月は2月28日までしかないのか、この短い理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

2月が28日までしかない理由

 

1年は365日で、4年に一度の閏年では366日。

この暦は2000年以上前の古代ローマで既に完成していて、地球が太陽の周りを一周する期間が365.2422日とされるからです。

自分で作っておいてなんだよと思ってしまいますが、古代ローマにおいて1年の始まりは1月ではなく、春の始まりである3月こそが1年の始まりにふさわしいとされていました。

そうなると一番最後にくるのは2月ですね。

偶数月を30日まで、奇数月を31日までと定めて3月から365日を割り振っていくと、2月に残る日数は29日です。

そのため2月は平年では29日までと日数が短く、閏年だけ30日まである月となりました。

つまり2月が短い理由は、1年の日数を調整するためだったのです。

スポンサーリンク

2月は平年で29日まで?閏年で2月30日?

そうなんですね、なんかおかしいんですねこれ。

2月28日を調べていたのに、2月29日ばかりか2月30日というとんでもないものに出会ってしまいました。

この暦を考案したのはユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)です。そのため暦の名前も「ユリウス暦」とそのまんま。

暦の考案ついでにユリウス(Julius)は「自分の誕生月に自分の名前をつけたい」と言い出します。

それが出来ちゃう古代ローマ、誕生月の7月を見事に「Quintilis」から「July」へと改名させました。

時は流れてアウグストゥス(Augustus)が初代ローマ皇帝となると「ユリウスと同じように、自分の生まれた月に自分の名前をつけたい」と言い出しました。ブルータスじゃないのにお前もか。

8月生まれのアウグストゥスは、8月を「Sextilis」から「August」へ改名してご機嫌です。

ところが「Julyは31日まであるのに、Augustは30日までしかない」と気付き、負けたくないアウグストゥスは8月も31日まであるとして、8月から月の大小(31日までか30日までか)の並びを1つずつずらしてしまいました。

つまりこのときまで8月は30日までであり、9月は31日まであったのです。

しかし鶴の一声で8月は31日まで伸び、9月は30日までとされてしまい、以降12月までの月の大小も入れ替わってしまいました。

おかげで夏休みと冬休みが伸びたぞ!学生は感謝だ!

ご満悦なアウグストゥスですが、単純に1日増やしてしまったのでは1年の期間が狂ってしまうことに悩みます。

そこで考えついたのは、もともと調整用として短い月である2月から更に1日奪い取ってしまうこと。

これにより2月は平年で2月28日まで、閏年でも2月29日までという短い月になってしまいました。

つまり2月は暦が出来た時点で既に調整用として短い月でしたが、皇帝の思いつきに付き合わされて更に短い2月28日までとなってしまったわけです。

 

なぜ2月は28日まで?まとめ

短い月だと軽く見てしまう2月ですが、この月なくして1年の日数は綺麗に収まらないのです。

皇帝の思いつきにつき合わされ28日までとなってしまった2月には、心なしか男気すらも感じます。

短い月だからこそ1日の重みをわからせてくれる2月、決して軽んじてはいけません。

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)