となりのトトロの都市伝説は嘘?狭山事件の共通点と関連性を検証

 

皆さん、となりのトトロはもちろんご存知かと思いますが、狭山事件は知っているでしょうか?

となりのトトロの有名な都市伝説のひとつとして、となりのトトロは狭山事件と関連性がある。と言われています。

かなり昔にあった事件と、ジブリで有名なとなりのトトロはどんな関連性があるか検証してみました。

また、検証していくうちに驚きの関連性もあったので、記事の後半で紹介していきます。

あなたが今まで見たとなりのトトロ、この記事を読んでから見るとなりのトトロ、どう変わっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

となりのトトロの都市伝説

となりのトトロはたくさんの都市伝説があります。

  • メイとサツキは死んでいる説
  • 幻の原作を元にしている説
  • 狭山事件と内容が似ている説

などなどたくさんの都市伝説がありますが、今回は、狭山事件ととなりのトトロについての都市伝説と共通点や関連性を見ていこうと思います。

 

となりのトトロの都市伝説は嘘?

まず結論を先に言うと、となりのトトロの都市伝説が嘘か本当かは、未だにわかっていません。

でも、わからないからこそ、謎が多いからこそ都市伝説と呼ばれますよね。

なので、ここでははっきりと嘘であるとも、本当であるとも言えません。

そこで、まずは狭山事件ととなりのトトロの共通点や関連性などを見て、あなたがこの都市伝説をどう思うか考えてみてほしいと思います。

 

となりのトトロと狭山事件の関連性

まずは、関連性から見ていきますがみなさん狭山事件がどのような事件かしっていますか?

狭山事件は本当に日本であった事件の話で、その狭山事件がとなりのトトロに似ていると言われています。

 

狭山事件とは

狭山事件を軽く説明すると、1963年5月に埼玉県狭山市で起きた強盗強姦事件のことを言います。

今から、約50年以上も前の事件です。

狭山事件の被害者となる妹(16歳)の行方が分からなくなり、被害者宅に脅迫状が送られてきたそうです。

そして、その後無残な姿で妹が発見されました。

また、行方不明になった妹を必死で姉が探しまわったそうですが、姉は錯乱状態で

「猫のお化けを見た」「大きな狸にあった」と叫んでいたそうです。

ちなみに、母親は他界しており家には不在でした。

 

狭山事件ととなりのトトロの関連性

まず狭山事件ととなりのトトロの関連性があると言われているのは、

  • 事件が起きた日:1963年5月
  • 事件が起きた場所埼玉県狭山市
  • 被害者:妹(16歳)
  • 妹を必死で姉が探しまわった
  • 姉の発言:「猫のお化けを見た」「大きな狸にあった」
  • 被害者の家族関係:母親は他界しており家には不在

という部分。

となりのトトロと狭山事件のこの部分のどこに関連性があるのか、どこに共通点があるのか見ていきます。

スポンサーリンク

となりのトトロと狭山事件の共通点

それでは、となりのトトロと狭山事件の共通点を見ていきます。

どこがどう共通しているのか、果たして本当に狭山事件と関連があるのか詳しく見ていきましょう。

 

狭山事件の事件日は1963年の5月

狭山事件は1963年の5月に起こった事件であるが、となりのトトロの主人公「サツキ」と「メイ」は5月を表します。

5月は英語でMay(メイ)と言われ、明治時代まで皐月(サツキ)と呼ばれていた。

ということで、となりのトトロの主人公サツキとメイは五月を意味し、狭山事件は5月にあったという関連性と共通点。

となりのトトロの主人公の名前、わざわざ5月と意味する理由があるでしょうか?

また、このとなりのトトロは狭山事件の後に放映されたアニメなので、モチーフにしていてもおかしくありません。

 

事件が起きた場所

狭山事件が起きた場所は埼玉県狭山市

そしてとなりのトトロのサツキとメイが住んでいる場所は「松郷」

これの関係性は、「松郷」は埼玉県所沢市に実在しているということ。

また、トトロの由来は「所沢」や「所沢のとなり」とも言われています。

 

被害者は16歳女の子

狭山事件の被害者は16歳の女の子(妹)であるが、となりのトトロのサツキは12歳でメイは4歳。

サツキとメイの歳を足すと、狭山事件の被害者の女の子の年齢と一致するという共通点。

 

狭山事件で妹を必死に探しまわった姉

これは、事実確認はできていない情報ですが狭山事件では、妹を必死で姉が探しまわった。という情報があります。

となりのトトロでも、メイが行方不明になってサツキがメイを必死で探しまわり、トトロに会いましたよね。

ここでの共通点は、姉が妹を必死で探しまわった。という点です。

 

狭山事件での姉の発言

狭山事件では、行方不明になった妹を姉が探しまわり、錯乱状態になっていた。

そして、姉がその状態で「猫のお化けを見た」「大きな狸にあった」と話しています。

となりのトトロとの関連性としてはこの部分も関連しているのではないかと言われています。

狭山事件 猫のお化け
となりのトトロ 猫バス

 

狭山事件 大きな狸
となりのトトロ トトロ

どうでしょうか。

考えてみたら、確かに!と思える関連性だと思いませんか?

 

母親は他界

狭山事件では母親は他界していて家には不在だったそうです。

となりのトトロはどうでしたか?

お母さんは入院していて家に不在でしたよね。

そして、となりのトトロでお母さんが入院していた場所は「七国山病院」

埼玉丘陵には「八国山病院」という病院があったそうです。

これについては、

【都市伝説】となりのトトロでメイが面会しない理由ととうもろこしの噂

で、少し触れているので上記も見てみてくださいね。

スポンサーリンク

結論

さて、この関連性や共通点を見て皆さんはどう思いましたか?

嘘だと思いますか?本当だと思いますか?

ちなみに、ジブリでは「メイちゃんが死んでいる」という都市伝説を信じないでください。と言っているので、公式ではこの都市伝説はと言っています。

ですが、 宮崎駿監督はとなりのトトロの発表記者会見で、「この映画はサツキとメイの魂の解放なんです」と発言をしています。

この言葉すごく気になりますね・・・

五月の(事件の被害者の)魂の解放ということでしょうか。

 

まとめ

狭山事件ととなりのトトロでは共通点や関連性がたくさんあり、都市伝説である。と一概には言えないという結果になりました。

子供の頃に見た、となりのトトロがまさかこんな都市伝説があるとは思いもしませんでした。

そして、見返すともっとたくさんの謎があり、発見がたくさんありました。

皆さんももう一度見返して、都市伝説が嘘か本当か検証してみてくださいね。

 

となりのトトロ都市伝説一覧

【都市伝説】となりのトトロでメイが面会しない理由ととうもろこしの噂

スポンサーリンク


おすすめ記事一覧

コメントについて

いつもたくさんのコメントありがとうございます。

記事に対しての感想や意見など、コメントお待ちしてます!

コメントが反映されるまでに多少時間がかかってしまいますが、ご理解のほどお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ