「あしからず」を目上の人に使う方法と意味や使い方の例文を紹介

 

みなさんは普段どんな時に「あしからず」という言葉を使ったり、目にしたりしますか。

若い人にとっては、「あしからず」という言葉は古臭い言葉に聞こえて、使うことは少ないかも知れませんね。

しかし、「あしからず」を覚えておくと意外と便利な言葉なので、日常でも役に立ちます。

ですが、知らなければ失礼にあたる場合や、上から目線で物事を話す人だな。と思われてしまう可能性があるので、そうならないようしっかり見ていきましょう。

今回は、「あしからず」を目上の人に使う方法と意味や使い方、例文も紹介していきます。

また記事の最後ではビジネスシーンで使えるかも記載しているので併せてチェックしてください。

スポンサーリンク

「あしからず」の意味

まず始めに「あしからず」の意味を辞書で調べてみると、相手の希望や意向に添えない場合などに用いる語とあります。

漢字に直すと「悪しからず」と書きます。

あし=悪く、からず=思わないで、を繋げた言葉です。

「悪く思わないで」「気を悪くしないで」という意味の丁寧語になります。

しかし丁寧語なのですが、目上の人に使う場合は使い方に注意が必要です。

 

使い方

「あしからず」の使い方では、「あしからずご了承ください」と使うことが多いです。

中止・予定変更・欠席・断りなどの時にお詫びの意味を込めて使うことが多いです。

「あしからず」を使う時は、「あしからず」だけで使うのではなく「どうかあしからずご了承ください」などと使うのが一般的です。

相手の希望に添えない場合に、文章や会話の最後に付け加えることで、こちらの申し訳ない気持ちを伝えることができます。

目上の人に使う使い方

目上の人に「あしからず」を使うことは、失礼に感じる人もいるのでなるべく使わない方がよいでしょう。

本来は「悪く思わないで」という意味の丁寧語になるので、目上の人に使っても使い方に問題はありません。

しかし「あしからず」は微妙なニュアンスの言葉なので、使い方によっては目上の人からはマイナスに捉えられてしまうことがあります。

目上の人に使う使い方は、「あしからずご了承ください。」と省略しないで使うことが重要です。

もしも目上の人ではなく年下の人から「あしからず」と言われたら、自分自身もちょっと面食らってしまうかも知れません。

その人のキャラクターによって許される場合、許されない場合があるかもしれませんが、目上の人には、「あしからず」は使わない方が無難です。

 

「あしからず」の例文

あしからずの使い方がわかったところで、例文も紹介していきます。

メールや電話などで「あしからず」を使う場合の参考にしてくださいね。

「本状と行き違いの場合は、悪しからずご容赦願います。」

「ご注文の品は欠品しています。あしからずご了承ください。」

「来週の同窓会には出席できません。あしからずご了承ください。」

など例文を見て分かる通り、ご了承くださいなどの言葉を最後につけておくのが良いでしょう。

上から目線?と思われるより、より丁寧な言い方のほうが気分も良いですよね。

スポンサーリンク

使う時の注意点

目上の人に「〇〇なのであしからず。」と「あしからず」を単独で使うと馬鹿にされたような印象を持たれることがあります。

また上から目線でものを言われているような気持ちになり、目上の人は特に不快感を覚える人も少なくないようです。

目上の人に対しての使い方は必ず例文のように「あしからず」の後を省略しないで、「あしからずご了承ください」というような使い方をしてください。

ただし、気心の知れた友人・同級生・兄弟姉妹・年下の人であれば「あしからず」のみで使っても問題はなさそうですね。

「本日の飲み会は残業で参加できません。あしからず。」

こんな感じで友人などに使う分には、申し訳ないという意味も含まれていると感じられるので使い方に問題はないようです。

 

「あしからず」はビジネスでも使える?

結論から言うと、目上の人が多いビジネスシーンで使う場合は使い方にさらに注意が必要になってきます。

そのためなるべく「あしからず」は使わない方がいいでしょう。

社外や取引先などでは、「あしからず」は使わないようにし、社内でも目上の人が多くいるので控えておいた方がよさそうです。

ただし、同期などで仲の良い人なら問題はないですし、しっかりとした使い方ができるなら問題ありませんね。

使い方としては間違っていないのによく思われないのは不本意なので、正直使わないのが無難です!

 

まとめ

「あしからず」とは、相手の希望や意向に添えない場合などに用いる言葉です。

ですが、目上の人や上司・取引先の人に使う場合はよりいっそう注意が必要になってきます。

マイナスなイメージや悪く思われるのは不本意なので、使い方に自信がある人以外は「あしからず」は避けた方がいい言葉。

ということになりました。

と言っても、使い方自体に間違いはなさそうなので、使う使わないはご自身で決めてくださいね。

 

難しい言葉や漢字一覧

ネットで「←」を文末につける意味とは?左矢印の使い方なども紹介

存じ上げておりませんの意味や敬語の正しい使い方と文例を紹介

「ご自愛ください」の目上の方への使い方や例文と返事の仕方

「かしこ」の意味とは|手紙での使い方や例文と男性が使わないわけ

目上の人にあなたと言うのは失礼?敬語での言い方や使い方も紹介

「雄々しいと女々しいの対義語の意味と使い方の違いや例文なども紹介

こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

おまけ情報

あなたも当ブログのように自宅にいながら隙間時間でブログを運営してお小遣いを稼いでみませんか?

ブログを運営するのって難しそう

こんな記事は自分には書けないだろう

そんな風に思うかもしれませんが、管理人自身もブログを運営するまで同じように思っていました。

だけど今ではポイントさえ押さえれば誰でもできるだろうと感じます。

毎月5万円でも10万円でも生活にプラスすることを考えたらどうでしょうか?

ブログの運営方法から記事の書き方まで学んだ、無料のブログで稼ぐメール講座が、2年ぶりに登録できるようになりましたので、興味があればこちらから!
【無料】ブログで稼ぐメール講座

初心者でもできるブログ運営方法などのプレゼントもあります。

ただ、またいつの間にか登録できなくなるかもしれません。

なので、興味があれば今のうちに登録してチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)